読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


『イース8』をクリアしたので評価してみる。日本ファルコムに投資を検討

 

本日のブログ記事は、『イース8』の美しい音楽を聞きながらお読みください。 


 

コアなファンがたくさんいるイース。制作した日本ファルコムは、世界的ヒット作のアニメ映画『君の名は。』の監督である新海誠さんが勤めていた会社でもあります(新海誠さんがオープニングムービーを手掛けたのは『イース2エターナル』)。

 

ストーリーはセイレン島という無人島に漂着した主人公が、同じく漂着した人を見つけて仲間を増やしながら脱出を試みるなかで、島の呪いの謎を解き明かしていくというものです。

 

大人になるとゲーマーでもない限り、新しいゲームをする意欲はどんどん薄れていきます。そして、子どものころに遊んで面白かったゲームの続編だけにしか興味を持ちません。マリオ、ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーなど。

 

今回、日本ファルコムのゲームを初めてプレイしたのですが、イースを知ることができてよかったです。びっくりするぐらい面白かったです。過去作品もプレイしようとしたのですが、どうやらイース8が最高傑作のようなので次回作に期待します。イース9が出たら買いますわ。5年後ぐらいかな。

 

 

リコッタ

 

サクサク動くキャラクター、操作性は抜群に良いです。フラッシュガードというシステムがあり、タイミング良くアールボタンを押したらダメージをゼロにできるのですが、それが決まったときの「キーン」という音が快感で、連続で決まると脳汁が出ます。

 

最初からハマったわけではありません。ゲームの世界観に慣れるまで、高橋名人よろしく1日1時間プレイでした。リコッタが操作できるようになってから戦闘の爽快感が増して一気に楽しくなりました。

 

リコッタ(画像はネットで拾い物です。) 

f:id:Mao1:20170305174628j:plain

 

 

最終的に、敵の動きを止めるチート技が使えるラクシャばかり使っていました。

 

 

シェムリアップ

 

f:id:Mao1:20170305174610j:plain

(画像はネットで拾い物です。) 

 

ゲーム中に出てくる遺跡はシェムリアップを彷彿とさせます。東南アジアの遺跡を参考にしたのでしょう。

 

風景が本当にきれいで、旅行気分に浸れます。そして、疲れ知らずで走り回るキャラクターを見ていると、こんなにたくさんの景色を見るのは実際の旅行では無理だなんて思っていました。

 

 

迎撃戦

 

この迎撃戦が面白いんですよね。みんなで迫りくるモンスターの進撃を止めるなんて、それだけで胸がワクワクしてこないでしょうか?楽しくて迎撃戦ばかりやっていたらレベルがゲジゲジ上がってラスボス余裕でした。

 

最近プレイした「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」でも村を襲ってくるモンスターを撃退する討伐戦というものがあるんですけど、自分の縄張りを守る的なことって面白いんですね。人間の本能に根ざした部分なのでしょう。

 

2017年5月25日にPS4で発売予定のイース8では、さらに制圧戦という縄張りを増やすモードが追加されているみたいです。PS4を持っていたら間違いなく買っていますね。Steamでも出るみたいですが、Windows限定みたい。残念。

 

 

ゲーム音楽

 

Amazonプライム会員だとサウンドトラックが無料で聴けるんですよ。ゲームが終わってから余韻に浸っています。名曲揃いですね。

 

 

 

 

難易度

 

ノーマルでクリアしたんですけど、難易度は低いです。難しいゲームは好きではないので、イージーにするかどうかで悩んでいたんですけど、ノーマルにしておいて良かったです。

 

何が簡単かって味方が死なないんですよね。味方のHPを気にしなくて良いのでストレスは溜まりません。そういえば『スターオーシャン3』の脆弱なAIを思い出しました。味方のAIが敵に突っ込んで即死するのがすごいストレスでした。「うわぁぁー!」と声をあげて死ぬので余計に腹が立ちましたね。

 

 

日本ファルコム(3723)

 

日本ファルコムのことが気になって調べていたんですけど、有名な個人投資家の方が大株主です。

 

2017年2月に出された短信によると現金を36億円保有しており、全負債は1億円と財務は鉄壁です。曰く、ゲーム業界は盛衰が激しいので今のところ積極的な株主還元は行うつもりがないとのこと。

 

時価総額は2017年3月10日時点で85億円、17年9月期の売上高予想は18億円と1つの製品が業績に与えるインパクトは大きいです。過去のイース作品の初週売上は下記のようになっています。

 

 

Vita イース8 -Lacrimosa of DANA-

初週 43,753本

 

Vita イース セルセタの樹海(前回発売のイース作品)

初週 42,146本

 

PSP イース-フェルガナの誓い-(リメイク作品)

初週 16,167本

 

PSP イース7

初週 33,349本

 

 

リメイク作品を除くと、3万本は超えてくるようです。また、直近の2作品では4万3千本ほどの売れ行きですね。2017年5月25日に発売されるイース8がどれだけ売れるのか今から楽しみにしています。私みたいにVIta版でイース8にハマった人は、PS4のイース8も買うと思うんですよね。

 

それにしても、中古市場が発達しているため儲けにくい構造ですね。DLCで新しい迎撃戦やエピソードがあったら喜んで買っていたので、ゲームの物語を拡張するDLCを作って欲しいです。

 

日本ファルコムはウォッチリストに登録しました。