ミニマリストの王様 -ついに絵本作家になりました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

自称ミニマリストの王様のもとに、

二人組の詐欺師がやって来ました。

 

 

詐欺師「本当のミニマリストなら、服は着ないですよ。」

 

王様「ふん、ふふん。そんなこと知っておるわい。」

 

 

 

王様は少しうろたえましたが、

家来たちに自分がミニマリストであることを認めさせるため、

全裸になりました。

 

 

家来は家来で、おかしいとは言い出せず、全裸を褒めました。

 

 

そして、王様はそのままパレードに臨みました。

見物人は、王様を見て「ミニマリスト!」と歓声をあげます。

 

その中の小さな子供の一人が、

 

 

「王様は裸だ!」

 

 

と叫びました。

 

 

王様「いや、私はミニマリストなんだよ。」 

 

 

 

 

「王様は裸だ!」

 

 

 

ついに一人残らず、こう叫ぶようになってしまいました。

 

 

王様は、恥じらいながら、パレードを続けました。

 

家来はただただ王様のあとを歩いていきましたとさ。

 

 

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする