ミニマリストの王様 -ついに絵本作家になりました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

自称ミニマリストの王様のもとに、

二人組の詐欺師がやって来ました。

 

 

詐欺師「本当のミニマリストなら、服は着ないですよ。」

 

王様「ふん、ふふん。そんなこと知っておるわい。」

 

 

 

王様は少しうろたえましたが、

家来たちに自分がミニマリストであることを認めさせるため、

全裸になりました。

 

 

家来は家来で、おかしいとは言い出せず、全裸を褒めました。

 

 

そして、王様はそのままパレードに臨みました。

見物人は、王様を見て「ミニマリスト!」と歓声をあげます。

 

その中の小さな子供の一人が、

 

 

「王様は裸だ!」

 

 

と叫びました。

 

 

王様「いや、私はミニマリストなんだよ。」 

 

 

 

 

「王様は裸だ!」

 

 

 

ついに一人残らず、こう叫ぶようになってしまいました。

 

 

王様は、恥じらいながら、パレードを続けました。

 

家来はただただ王様のあとを歩いていきましたとさ。

 

 

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たんちん より:

    ミニマリストかどうかの暗示みたいですね、境目は誰にも分りません

  2. Mao1 より:

    たんちん さん
    後づけですが、
    「ミニマリスト」という言葉に惑わされて、
    世間と常識が乖離する様子を描けたと思いますw
    思考停止せずに、自分の軸を持っていたら、周りの目は気にならないとは思いますが。。。
    おっしゃるように、境目は曖昧ですね。

  3. あゆみ より:

    http://www.hoshishinichi.com/project/3.html

    上のサイトの中の
    『星新一からのアドバイス』
    という文章を読んでみて下さい。
    ご参考までに。

  4. Mao1 より:

    あゆみ さん
    ありがとうございます。
    星新一は好きです。アドバイスにも重みがありますね。