読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


中国に長期で滞在するために行うべき10つのこと

趣味 趣味-旅行(中国)

現在、私は中国出張中です。

 

以前にも、中国に2年ほど滞在していたことがあるので、

その経験をもとに、私が中国で快適に過ごすために行うべきことをまとめました。

 

 

 インターネットの環境を整える

 

中国は日本よりもフリーWi-Fiの設置数は多い印象があります。

しかし、日中はそれらの回線の速度が遅すぎて、使い物になりません。

 

ですから、長期滞在の場合は自分でSIMカードを買った方が良いです。

 

私は、China UnicomのUSBに挿すタイプを使っています。

 

この商品を簡単に説明すると、1200元の残高があり、

毎月1GBが80元程度で使えます(容量によって、値段は変わります)。

 

SIMフリーのスマートフォンでSIMを契約してテザリングするなど、

他にも方法はあるでしょう。

 

 

VPNを契約をする

 

VPNとは、Virtual(仮想的な)Private Network(専用線)です。

 

中国はインターネットの検閲が厳しくて、

日本のサイトが見られなかったりします。

 

具体的には、ニコニコ動画、LINE、Facebook、Twitter、Google、アダルト関連などです。

ネットに依存していない方でもLINEができないとなると、

困るのではないでしょうか?

 

そこで、上記のサイトを見るために、VPNを契約する必要があります。

 

私は、チョモランマというVPNサービスを使っています。

チョモランマは私が初めて契約したVPNで、使用して不具合はなかったので、

継続して使用しています。

(ですから、どこのVPNのサービスが良いかは知りません。)

 

無料のVPNもありますが、オススメできません。

回線が頻繁に切れます。

 

 

Amazon(亚马逊)に登録する 

 

Amazonは中国にも進出しています。

亚马逊(ya4ma3xun4)です。

 

登録する住所は英語でも大丈夫です、多分。

 

Amazonが使えると、何かと便利です。

欲しい物があった場合、1クリックで買えますからね。

 

昔、コンタクトの液や保湿クリームが手に入らなくて困ったことがあるのですが、

今はAmazonがあるから大丈夫。

 

商品名を中国語で検索する必要があるので、中国語がわからない場合は、

商品ブランド(NIVEAなど)で検索したり、

エキサイト翻訳やヤフー知恵袋を利用しましょう。

 

 

Kindleを買う

 

海外にいると、日本語に飢えます。

 

本を読みたくなります。漫画も読みたい。

 

Kindleがあれば、手軽に数千冊を持ち運べて、

世界中どこにいても本をダウンロードできます。

 

買うしかないでしょう。

 

 

中国語を勉強する 

 

スマートフォンのアプリなどで、同時通訳もどんどん可能になってきましたが、

長期で滞在するのであれば、やはり勉強したほうがよいと思います。

 

自分で話せると楽しいです。

 

出張している人を見ると、

中国出張が楽しそうな人は、中国語を少なからず覚えています。

一方、中国出張を嫌々している人は、まったく中国語を覚えていません。

 

積極的に中国語を覚えたほうがいいと思います。

 

私の場合は、NHKのまいにち中国語で発音を覚えて、

そのあとはひたすら聴読中国語を使って勉強しました。

 

 

この本、すごいですよ。

収録単語数約4600語、収録されている音声は7時間52分です。

これ1冊あれば1年間ぐらい勉強できます。

 

 

空気清浄機とマスクを買う

 

中国は空気が悪いです。AQI指数(Air Quolity Index)で確認できます。

 

f:id:Mao1:20141230071005j:plain

こんな感じです。

 

だから、ケチらずに空気清浄機を買いましょう。お金より健康。

 

私はAmazonで700元(約14,000円)のPanasonicの空気清浄機を買いました。

 

また、外出時はPM2.5用のマスクを着用しましょう。

 

 

こんな感じです。

マスクを耳に引っ掛けるタイプですと、長時間の着用で耳が痛くなってきます。

このタイプは耳が痛くならないのでオススメです。

 

余談ですが、このマスクを着けていると、街中ですごい目立ちます。

 

 

バス・鉄道を使いこなす

 

中国は物価が安いと思っている方も多いでしょう。

 

実際は、日本とほぼ変わりません。

日本は日本語が通じたり、サービスが丁寧だったりするので、

コストパフォーマンスで見ると、日本に軍配が上がります。

 

さて、そうは言っても中国の交通費は安いんですよね。

 

バスの初乗りは1元(約20円)です。

 タクシーの初乗りも6元(約120円)程度ともちろん安いです。

 

安いでしょう?

 

タクシーは安いのですが、遠出する場合は、バス・鉄道に乗ることをオススメします。

 

例えば、今私が滞在している場所から北京にタクシーで行くと往復740元(約14,800円)ですが、 バス・鉄道で行くと往復26元(約520円)です。

 

バス・鉄道で行ったほうが、刺激もいっぱい得られて楽しいですよ。

初めての土地だと、バスに乗るだけでドキドキできます。

 

もしもバスに乗って道に迷ったら、

タクシーに乗ってホテルの名刺を見せたら大丈夫。

 

バスの注意点は、お釣りが出ないことです。

普段の生活から1元を残しておきましょう。

 

 

微信(we1xin4)を登録する

 

微信は中国版Lineです。日本語だとWeChatと表示されます。

 

この微信に登録していない中国人に今まで出会ったことはありません。

それぐらい中国で浸透しています。

 

Lineと違うところは、相手に送金ができたり、

近くにいる知らない人を探したりできることです。

 

日本でも使用できるので、気になる方は試してみてください。

 

ちなみに私が日本で近くにいる人を検索してみたところ、

個人のデリヘル嬢と繋がりました(←違法です)。

 

台湾人だったと思います。たくましいですね。

 

 

日本料理屋を見つける

 

海外にいると、日本料理に飢えます。

 

えてして海外で食べる日本料理は高いのですが、

ずっと日本料理を食べないでいると、そうは言ってられないときがくるので、

そのときに備えて日本料理屋を探しておきましょう。

 

あと、日本料理屋に勤めている女の子は日本に興味を持っていることが多く、

仲良くなりやすいです。

 

「日本語を教えてあげるよ」とか言って、微信の番号を交換しましょう。

 

 

寛容な精神を持つ

 

以下、私が中国で過ごして経験したことです。

 

  • ショッピングモールなどの室内で平気でつばを吐く
  • 並んでいる列の順番を平気で抜かす
  • 自分の非を認めない
  • ひまわりの種の殻や柑橘系の果物の皮を机の上に残す
  • 声が大きい
  • ホテルでドアを開けっ放し。大人数でそのまま騒ぐケースもある
  • エレベーター内でタバコを吸う
  • 車優先。横断歩道を歩いていると、車が突っ込んでくる
  • 店員が偉そう
  • 音が大きいだけの花火や爆竹が大好き

 

上記は中国の文化も含まれています。

 

郷に入っては郷に従え。いちいち文句を言っていたら体が持ちません。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

それでは、快適なチャイナライフをお楽しみください。