読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


部屋は綺麗だけど掃除は苦手 -だって私はミニマリスト

シンプルライフ シンプルライフ-モノを捨てる

みなさんは今すぐに人を呼べるぐらい、部屋が片付いていますか?

 

私の部屋は綺麗です。いつでも人を呼べます。

 

自分で綺麗と言ってしまった。。。

 

 

でも、昔のことですが、中国出張中にPS Vitaがやりたくなったとき、

出張メンバーで同じ寮に住んでいる人が一時帰国するということで、

その人に部屋の鍵をわたして、PS Vitaを持ってきてもらったことがあります。

 

部屋は片付いていますし、どこに物があるのかを把握していたので、

部屋を見せても恥ずかしくなかったですし、

どこどこに置いてあるという的確な指示が出せました。

 

 

 

おれって掃除得意なんちゃう?

 

 

って思ってました。だって部屋綺麗やもん。でも、それ勘違い。

 

 

会社内など共用スペースを掃除するとき、

どこをどう掃除すればよいのかわからなくなります。

 

 

捨てたい。捨てたい。捨てたい。

 

 

 

物が多すぎる!

 

 

 

掃除の基本は、

「物を捨てること」と「物の置く場所を決めること」だと思います。

 

 

捨てることは得意ですから、私的な空間は物が少ないです。

よって、それぞれの物を置く場所は簡単に決められるんですよね。

 

でも、物が多い空間では、難解な空間的パズルを解くがごとく、

物をどこに収納すればよいかわかりません。

 

脳みそがスペックオーバー。

 

 

多分、ミニマリストになって、収納を考える脳が退化したと思います。

 

ミニマリストのあなたもきっと退化中。ふふふ。

 

 

あと上記の例は、自分が得意でないことでも、

問題を優しくすることで結果を出せる良い例ではないでしょうか?

 

掃除は苦手であっても、物を少なくすると、

結果、部屋が簡単に綺麗になるということです。

 

 

人それぞれ得意不得意がありますが、

不得意分野は自分の能力を高めようとするのではなく、

問題を簡単にする方向で考えを進めていったほうがよいのでしょうかね。