読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


ゴーゴーガールに知恵比べで敗北 -個人的には軽い詐欺

広告停止 趣味 趣味-旅行(タイ)

ゴーゴーガールに知恵比べで負けました。

 

向こうは騙すつもりだったのか、もしくは騙すつもりはなく、コミュニケーションミス起因によるものなのかはわかりません。

 

個人的感覚による損額は、2,000バーツ。

 

 

大した額ではないので別にいいんですけどね。

毎度のことながら、海外旅行では何かしら多くのお金を支払っていますから。

 

 

さて、ことの経緯を説明しますと、 6日目にゴーゴーバーに行って、私のタイプの女の子(ケーン、仮)にドリンクをおごって飲んでいるときに、ペイバーの話になったんですね。

 

 

ここで一応説明をしておきますと、ゴーゴーバーではペイバーというシステムが有り、 お金を払えば女の子を店外に連れ出すことができます。

 

そして、ペイバーにもショートとロングがあり、

 

ショート : 相場2,000バーツ程度。1回の行為で終了。

ロング : 相場4,000バーツ程度。朝まで一緒にいられる。

 

となっています。

 

 

私はゴーゴーバーが好きなんですが、ペイバーは全然しないんですよね。

 

私の楽しみ方は、女の子を2人ぐらい呼んで一緒にお酒を飲み、

それを何軒もはしごするというものです。

 

 

話を戻します。ケーンにペイバーをして欲しいと頼まれたときに、

私は 「明日、ロングで2,000バーツならいいよ」と言ったんですよね。

 

なぜ翌日にしたかというと、次の日はパタヤ滞在の最終日だったので記念にペイバーしてもいいと思ったこととその日は安いゲストハウスに泊まっており、女性連れ込みが不可だったことからです。

 

ケーンは少し悩んで「店の女の子たちにドリンク奢ってくれたらいいよ!」と言ったので、4人ぐらいにドリンクを奢りました(これで600バーツ損害)。

 

すると、ケーンが

 

「お店に支払い1,000バーツ、私に支払い1,000バーツで今日ペイバーして欲しい」

 

と言ってきたんですね。

 

私はゲストハウスに泊まっていて女性を連れ込めないことを説明しました。すると、

 

 

ケーン

「それなら私の家に来ればいい」

 

 

正直、ゴーゴーガールの自宅に興味はあったのですが、 翌日ペイバーすることをその時点で決めていたので、断りました(これは失敗だったかなー)。

 

 

この日はこれにて終了。

 

 

そして翌日、店に何時に向かいに行けばいいのかケーンに連絡すると、3,500バーツ(店への支払い1,500バーツとペイバー代2,000バーツ)を持って21時にきてねと返信があったので、21時に行ってペイバーしたんですよね。

 

そして、バーに行って一緒にビールを飲みました。

 

このあとクラブに行くのかなと思っていたら、ケーンが「疲れた」といい出して、私も連日の夜遊びで疲れていたので、2人でホテルへ戻りました。

 

そして事をすませたんですが、ケーンが「仕事に戻る」と言い出したんですよね。

 

「えっロングでしょ?」 って聞き返すと、ケーンはショートの一点張り。ロング2,000バーツは昨日ペイバーしたときだけだと。

 

そこで少し口論になりました。私はお金を払う気はなかったのでベッドに寝転んでケーンのことを無視していると、ケーンはボスに連絡するぞと脅してきました。

 

これにはさすがにまずいと思って、お互いの考えの食い違いを紙に書いて説明したり、(ケーンの考えはこういうことだよね、わかるよ。おれはこのように考えていたんだよといったように)、このホテルはケーンと過ごすために予約したと言って相手の感情に訴えかけてなんとか仲直りしました。正直、少し恐かったです。

 

ケーンは23歳ぐらいで私より5歳ほど年下なのですが、 修羅場をくぐっているという印象を受けました。

 

さすがゴーゴーガール。

 

そして、2,000バーツはきっちり支払いましたw

 

 

翌日、ケーンから来たライン。

 

f:id:Mao1:20150303213151p:plain

 

 

 

Mao普通訳

元気?どこにいるの?昨日はごめんなさい。悪い女の子になってしまい悲しい。あなたのことを想っています。

 

 

偏見に満ちた訳

今後も金づるでいてね!

 

 

 

でも結局、次回パタヤ旅行したときは、また会いに行きますけどねw