読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


歪められた恐怖で毀損する人生 -だから大丈夫なんだって!

これだけ経済、技術が発展した世の中では、小さな失敗であれば致命傷にならないので気にしなくてもいいと思うんですよね。

 

だから、失敗を恐れずに新しいことをどんどん取り入れていくことにします。

 

 

むしろ新しいことに挑戦してうまくいかないのは当然ですし、

新しいことをした分、確実に経験値が増えているので、

それは人生という大きな枠で捉えると成功になるのではないでしょうか?

 

 

また、「不安、心配」という恐怖の感情が行動の足かせとなり、それが原因で人生が毀損していることがあるように感じます。

 

 

われわれの恐怖という感情は、社会の一般常識によって歪められ、脳内のバグとなっています。

 

 

「周りの目が気になって or 将来のことが不安でサラリーマンを辞められない」

「周りの目が気になって or  断られるのが恐くて女の子に声をかけられない」

「周りの目が気になって or 嫌われるのが恐くて誘いを断れない」

「周りの目が気になって or 妻が恐くて新築の家を購入」

「買った株が下がるのが恐くて、株を買えない」etc...

 

 

恐怖を感じるところは合っていますか?

 

 

むしろ、

 

 

「やりたくない仕事を定年まで続けて貴重な時間を失うこと」

「気になる女の子に声をかけられず人生を終えること」

「勉強する時間がなくなって成長が妨げられること」

「新築マイホームに35年ローンを組んで、人生の選択肢が狭まること」

「簡単に資本家になれる株主という立場を放棄すること」

 

 

これらに恐怖を感じるべきだと思います。

 

 

 

もう一度書きますが、

 

 

われわれの恐怖という感情は、社会の一般常識によって歪められ、脳内のバグとなっています。

 

 

 

死ぬときに3,000万円残す日本人という内容の記事を読んだことがあるのですが、これは恐怖というバグによって、現実が大きく歪められてお金を必要以上に残しすぎた結果だと思います。

 

 

あと、投資の世界においても、 恐怖は毒となります。周りが恐怖を感じているときは投資のチャンスです。

 

 

私は去年の12月16日にロシア株に突っ込めなかった自分を恥じています。

あれは、恐怖を感じている場合ではありませんでした。

(下は私の投資用Twitterアカウントです)

 

 

何が言いたかったかというと、恐怖を感じる部分が一般常識によって歪められていること、そして、新しいことに挑戦して上手くいかないことは恐れなくていいということです。