読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


外国語の勉強方法を考える -中国語学習の失敗とキャリアポルノ

趣味 趣味-語学

中国出張中です。

 

私は中国語レベルですが、客観的な数字評価としてはHSK6級という試験で、

179点という中途半端なレベルです。

 

中国語は2年ほど勉強したのですが、失敗したと思うことがあります。

 

 

それは、同じ参考書で勉強し続けたことです。

 

 

なぜ同じ参考書を使い続けたかというと、大学受験のときに遡りますが、

 

同じ参考書を何回も行うことが良い勉強方法

次から次へと新しい参考書に手を出すことが悪い勉強方法

 

と先生から教えてもらったからです。

 

 

実際に、参考書を1回終わらせたぐらいでは知識は吸収できません。

 

しかし、同じ参考書を2回目、3回目と勉強し続けていくうちに、参考書1冊を終わらせる時間はどんどん減少していき、得られる知識は二次関数的に増えていきます。

 

 

イメージはこんな感じ。 

 

しかし、

 

 

この考え方にとらわれ過ぎていました。

 

 

今は、1冊の参考書で80%ぐらいの知識を吸収したら、次の勉強に移った方が良いと思っています。

 

 

なぜなら、ずっと同じ参考書を使っているとマンネリ化するんですよね。

そして、会話は新しいパターンの連続ですし、それらの対応力をつけるためには新しい文章に多く触れることも重要だと思います。

 

 

中国語の勉強のときに、これをやっておけばもっと中国語のレベルが上がっただろうと思う具体的な勉強方法は、1週間ごとに500字程度の文章を初見で勉強していくというものです。題材は、スクリプトが載っているニュースなどを入手します。

 

 

今はタイ語を勉強しているので、この勉強方法を取り入れる予定です。

 

 

気になる情報としては、TEDで公開されている6ヶ月で外国語をマスターする5つの原則です。

 

 

メッセージの1つとして、言語はツールであり生理的な学習であるからどんどん使用していくべきということが挙げられます。

 

 

自己啓発書と同様に、語学をキャリアポルノとするのは無駄ということですね。