読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


裏・Mao太郎 第二話

短編 短編-裏・Mao太郎

第一話はこちら。

 

life-free-monosute.hateblo.jp

 

 

 

Maoの子どもが入っている桃は、川に流されて見えなくなりました。

 

 

Mao

「日本に居場所はない。タイに戻ろう。そして、ゴーゴーバーでゆっくりしよう。」

 

 

Maoをふたたびタイに戻ってきました。

 

 

Mao

「やぁ、懐かしいな。」

 

 

まっピンクの光が差し込む道を歩いていると、バーゲンセールをやっているお店を見つけます。そばによって見てみると、女の子が次から次へと買い物をしています。

 

 

Mao

「おやおや、そんなむやみにお金を使ってはいけないよ。」

 

女の子

「いやだわ。わたしが働いて得たお金だもの。どうしようと、わたしの勝手でしょ。」

 

 

お金は涙をこぼしながら、Maoを見つめています。Maoは笑みを浮かべながら言いました。

 

 

Mao

「いや、あなたのお金はたった今からぼくたち2人のものだよ。」

 

女の子

「えっ、どういうこと?」

 

Mao

「付き合ってください。」

 

女の子

「はい。」

 

 

こうしてMaoはヒモになることに成功し、受け取ったお金は銀行口座の中へ逃がしてやりました。

 

 

さて、それから二、三日たったある日のこと、Maoが女の子の家でインターネットをしていると、 「・・・Maoさん、・・・Maoさん。」 と、誰かが呼ぶ声がします。

 

 

Mao

「おや? 誰が呼んでいるのだろう?」

 

「わたしですよ。」

 

 

すると机の上に、ひょっこりとお金が頭を出して言いました。

 

 

お金

「このあいだは助けていただいて、ありがとうございました。」

 

Mao

「ああ、あのときのお金さん。」

 

お金

「はい、おかげで命が助かりました。ところでMaoさんは、ゴーゴーバーへ行ったことがありますか?」

 

Mao

「行ったことはあるよ。それがどうしたんだい?」

 

お金

「ナナ・プラザにあるゴーゴーバーが売りに出されています。買い取ってゴーゴーバーを経営しませんか?」

 

Mao

「やぁ、それは名案だな。」

 

 

Maoが買い取ったゴーゴーバーの経営は、順風満帆でした。日本人客にターゲットを絞り、ロリ顔の女の子ばかりを集める戦略が功を奏したのです。利益は右肩上がりで、お札の束がどこまでも積み重なっています。

 

 

Mao

「わあ、壮観だな。」

 

 

Maoがウットリしていると、ふと、桃に入れて川に流した我が子のことを思い出しました。

 

 

Mao

「あの子は元気かな。。。困っているだろうから、お金を送ってあげよう。」

 

 

 

一方、桃に入れられて川に流されたMaoの子どもは、洗濯をしていたおばあさんに拾われました。そして、おじいさんとおばあさんの愛情のもと、Mao太郎と名づけられてスクスク育ちました。

 

 

さて、ある日のこと、Mao太郎が家で昼寝をしていると、「・・・Mao太郎さん、・・・Mao太郎さん。」 と、誰かが呼ぶ声がします。

 

 

Mao太郎

「おや? 誰が呼んでいるのだろう?」

 

「わたしですよ。」

 

 

するとの布団の上に、ひょっこりとお金が頭を出して言いました。

 

 

お金

「昼寝をしていたのですか。ごめんなさい。」

 

Mao太郎

「いえいえ、気にしないでください。ところでどうしたのですか?」

 

お金

「Mao太郎さんは、ゴーゴーバーへ行ったことがありますか?」

 

Mao太郎

「ゴーゴーバー?ゴーゴーバーってどこにあるのですか?」

 

お金

「タイです。Mao太郎のお父さんが経営しているのですよ。」

 

Mao太郎

「ぼくにお父さんがいたのですか?どうしてお父さんはタイに住んでいるの?」

 

お金

「Mao太郎さんは捨てられたんですよ。いまさらお金を送って父親ヅラをするなんて、あなたのお父さんは鬼のような人ですね。」

 

Mao太郎

「鬼。。。」

 

 

そして、数日後にMao太郎が言いました。

 

 

Mao太郎

「おじいさん、おばあさん。ぼく、タイへ行ってわるい鬼を退治してきます。」

 

 

 

 

最終話へと続く。