読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


裏・Mao太郎 最終話

第一話、第二話はこちら。

 

 

 

Mao太郎は、鬼(お父さん)を退治するために、タイに向けて出発しました。タイに到着して歩いていると、車にひかれそうになり、「マッサァージ、マッサァージ」としきりに声をかけられ、女の子を連れた酔っ払いの男性と幾度もすれ違います。

 

 

Mao太郎

「うぅ、汚いところだな。」

 

 

Mao太郎がウンザリしていると、お金が「こっちですよ。」と、案内をしてくれて、やがてお父さんが経営しているゴーゴーバーに着きました。

 

 

Mao太郎

「ここが鬼のいるゴーゴーバーか。おや、やけにロリ顔の女の子がたくさんいるな。」

 

 お金

「日本人客が好きなロリ顔の女の子を集めて繁盛しているようですよ。」

 

Mao太郎

「なるほど。いいことを思いついたぞ。」

 

お金

「おや、どんなことを思いついたんですか?」

 

Mao太郎

「店の女の子を全員辞めさせて、代わりにサル顔の女の子を働かせるんだ。そしたら、経営が傾むくだろうから、そのときに居抜き物件として買い取ろう。ぼくがゴーゴーバーのオーナーになるんだ。」

 

お金

「どうやって店の女の子を全員辞めさせるんですか?」

 

Mao太郎

「オーナーのMaoは、クラブでナンパばかりしている男で危ないぞと嘘の記事を書いて女の子に渡すんだ。」

 

 

このMao太郎の作戦は、「サル顔の女の子」、「嘘の記事」、「居抜き物件」のキーワードから、「サル・キジ・イヌ作戦」と名づけられました。 

 

 

数日後、Mao太郎の作戦どおり、Maoのゴーゴーバーはサル顔の女の子でいっぱいになりました。

 

 

Mao太郎

「あぁ、困ったなぁ。」

 

お金

「どうしたんですか?作戦は上手くいっているように見えますが。」

 

Mao太郎

「それが、女の子を辞めさせてサル顔の女の子でいっぱいにするまではよかったんだけど。。。サル顔の女の子はファランに大受けで、相変わらずゴーゴーバーは繁盛しているんだ。」

 

お金

「次の手を考えないといけませんね。」

 

Mao太郎

「一度日本に帰ることにするよ。」

 

 

と、そこに、ゴーゴーバーで働いている美しい女の子がMao太郎に話しかけてきました。

 

 

女の子

「タイにようこそ、Mao太郎さん。わたしはゴーゴーバーで働いています。 おみやげに玉手箱を差し上げましょう。」

 

Mao太郎

「玉手箱?」

 

女の子

「はい。この中には『時』が入っております。しかし、日本に帰るまでは決して開けてはなりませんよ。」

 

Mao太郎

「はい、わかりました。ありがとうございます。」

 

 

女の子と別れたMao太郎は、また飛行機に乗って日本へ帰りました。

 

おじいさんとおばあさんは、Mao太郎の無事な姿を見て大喜びです。すると、おばあさんは、Mao太郎が持っている玉手箱を見て言いました。

 

 

おばあさん

「あれ、おみやげは金銀財宝ではないのかい?」

 

Mao太郎

「金銀財宝?いったいなんのことですか?」

 

おばあさん

「いや、なんでもないよ。今日は疲れただろうからお休み。もう布団は敷いてあるからね。」

 

 

次の日、Mao太郎が目を覚ますと、違和感を感じました。いつもは早起きのおじいさんが、まだ隣で寝ているのです。調べてみると、脈がありません。

 

 

Mao太郎

「大変だ!」

 

 

飛び起きたMao太郎は、ふと、布団の脇に置いていた玉手箱を見つめました。

 

 

Mao太郎

「そう言えば、女の子は言っていたな。この玉手箱には、『時』が入っていると。・・・もしかしてこれを開けると、おじいさんが生きている時に戻るのでは。」

 

 

Mao太郎は、玉手箱を開けました。モクモクモク・・・。  すると中から、まっ白のけむりが出てきました。

 

 

Mao太郎

「おおっ、これは。」

 

 

玉手箱から出てきたけむりは次第に薄れていき、その場に残ったのは髪の毛もひげもまっ白の、ヨポヨポのおじいさんになったMao太郎だったのです。びっくりしたMao太郎は、急いでおばあさんの元へ駆けつけました。

 

 

Mao太郎

「おばあさん、大変だよ!」

 

 

おばあさんは平然とした態度で、Mao太郎をなだめるように言いました。

 

 

おばあさん

「・・・Mao太郎や、なにも心配することはないよ。今からあなたは山へ芝刈りに、私は川へ洗濯をしに行くんだよ。」

 

 

 

 

そして、おばあさんはボソッと独り言を言って、家から出て行きました。

 

 

 

 

 

 

「次は本物の桃太郎を拾えるかしら。」

 

 

 

 

おしまい 。