パタヤにおけるナンパ系投資家の最終日。タイの素人の女の子のムダ毛処理

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 66
i mobile

まだ見ぬ景色に誘われて

私はチェンマイへと旅に出た

バックパックを1つだけ

思い出はパタヤに残して

ナンパ系投資家の意地

本日はパタヤ14日目、最終日の記事です。翌日にバンコクへ移動して、そのあとチェンマイへ行きます。

13日目の記事はこちら。

速いということで言えば、1日の時間の流れです。ブログで日記のようなものをクロノロジカルに書いているので出来事を追うことはできますが、ブログな...

11時ごろ起床。前日に仲良くなったマッサージ屋のティー(仮名)と昼ごはんを食べる約束をしていたので、12時に迎えに行きました。

ティーの昼休憩は1時間しかなく、なのでマッサージ屋の目の前にある店で食べようと言ってきます。

しかしながら、こんなところで昼ごはんを食べてしまったらホテルに誘えません。どうにかして遠くの店に行く必要があります。私の目的はブンブンなのです。

というか、そもそも昼休憩は1時間しかないので「ご飯」か「ブンブン」の2択でしょう。ここははっきり言わねばなりません。

Mao

「ホテルに行こう」

ティー

「行かない。ご飯食べるんでしょ」

数回ホテルに行こうと誘ったのですが、OKしてくれません。昼ごはんを食べるだけで終わってしまうことも覚悟しました。

Mao

「オレ、今日がパタヤ最終日なんだよね」

ティー

「、、、わかったわ」

うひょーーーーーーーー\(^o^)/

ホテルに連れ帰ったタイミングでティーの父親から電話がかかってきて、セットアップ詐欺だったらどうしようと少し恐くなりましたが、何事も起こらなくてよかったです。うまくいくとそれはそれで少し恐いですね。

ことを終えて、部屋から出て行くティーを追いかけます。

ティー

「あれ、どこ行くの?」

Mao

「ティーにマッサージ頼むから、その間休憩して」

ティーの1時間の昼休憩を潰してさすがに申し訳なく思い、マッサージの時間は休憩してもらうことにしました。

休憩中、ティーは昼ごはんを食べに行きました。「Maoと食べに行ったご飯がおいしくなかった」と他の従業員に説明したようです。なんかそれはそれで少し寂しいですね。

パタヤラストナイトは、、、特に何もしていません。

一応ウォーキングストリートに行きましたが、ゴーゴーバー2軒回って終了です。

ウォーキングストリートの余韻に浸りながら、ビーチロードを歩いて帰りました。

タイの素人の女の子のムダ毛処理について

「タイの女の子は恥部の毛を全部剃っている」と書かれている記事をよく見かけますが、それって夜商売の女の子限定ですよね?

素人だと思われる女の子で全剃りしている子もいたような気がしますが、基本的に処理していなかったと記憶しています。

全剃りしていたら夜商売をしている女の子と考えても良いのではないかと思うんですけどね。

i mobile

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする