かまいたちの夜。日本人の女子大生とゴーゴーバーか。タイ人の女の子とブンブンか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 105
i mobile

 
タイ旅行初日です。
 
今回はAir Asiaを使ったのでスワンナプーム空港ではなくドンムアン空港に到着。今までずっとスワンナプーム空港だったので違和感を感じました。
 
とりあえず、モーチットのバスターミナルへ移動。でかい。エカマイのバスターミナルをイメージしていたのでびっくり。少し迷いました。

いざ、パタヤへ!

ホテル到着は20時。

30分休憩して、ウォーキングストリートに向かいます。最初はやっぱりバカラ。最高です。ゴーゴーバーの中で一番バカラが好きです。女の子の質、露出具合、雰囲気、1度で2度おいしい1階と2階の造り。
 
続いてWindmill。しかし、知り合いのゴーゴーガールがまったくいなくなっていました。客も多く座れません。ということで、退出。
 
お次は、Super Girls。ここはあまり客も多くないのですが私は好きです。
 

0時を回った頃からインソムニアでナンパスタート。
 

トリップ

 
いつもよりターゲットの女の子が多いです。まずは、2人組の女の子に狙いをつけて話しかけます。
 
しかし、私のタイ語がまったく伝わりません。。。まさかと思ったら、日本人でした。大学の卒業旅行とのこと。

「日本でモテへんからタイに来てんの?モテなさそー!」
 
ひでぇwさらに、28歳の私をおっさん呼ばわり。くそー 
 
ゴーゴーバーの話になり、連れて行ってあげることになりました(ゴーゴーバーは女性だけでは入れません)。まだクラブに来たばかりだからもう少ししてから行こうということになったのですが、そこにメキシコ人男性が現れて2人にアタックし始めました。

なんか楽しそうに話していたので、まぁええかと放流。
 
店内を徘徊して、別の女の子(エロカワ、仮)に声かけ。そのままダンス。7人ぐらいのグループで来ている模様。カワイクてむっちゃえろい。キス、胸モミ、立ちバックのようなダンス。

トリップ。夢心地。マ ジ で タ イ 楽 し い 。
 
と、ハイになっていた私の肩を叩く者あり。振り向くと、さっきの女子大生が中指を立てています。こえぇぇぇ。
 
「私たちのこと売ったでしょ」
 
いや、そんなことはない。メキシコ人男性と楽しそうに話していたじゃないか。女子大生はどうやらゴーゴーバーに行きたいらしいです。
 
A.「よし、行こう!」ぼくは日本人の女子大生2人とゴーゴーバーなんてめったにない機会を逃してはいけないと思った
B.「ウェーイ!」ぼくはこんなエロくてカワイイタイ人の女の子を手放すなんて馬鹿げていると思った
C.「一緒にゴーゴーバーに行かない?」ぼくはタイ人の女の子もゴーゴーバーに誘ってみた 
D.「こんなことしている場合じゃない!」ぼくはすべての誘惑を断ち切りホテルに帰って瞑想を始めた
 
私は、、、Bを選択。

しばらくエロダンスを楽しむ私。と、エロカワが友人とトイレに行きました。エロカワの他の友人と談笑していたのですが、いつまでたっても帰ってきません。振り向いたら、そこにエロカワの姿が。一緒に踊ろうとすると、拒否されました。えっ、なんで!?この豹変ぶりは何だ?それなら最初から言ってくれ。

「女子大生2人とゴーゴーバー」と「エロカワ」の2つのカードを一気に失った私は失意でインソムニアを出ました。何でしょうか。ペカっているジャグラーと北斗揃いレインボーの2択を迫られて、後者を選んだら単発で終わってしまったような悲しさです。

あまりにもショックでホテルに帰ろうかと思ったんですが、クラブPierに入店。

エロい

 
Pierに入店すると1人だけで飲んでいる女の子(ピム、仮)がいたので声かけ。そのまま一緒に飲むことになりました。友人もあとから来るらしいです。

なんかむっちゃエロい。
 
ケーン!
f:id:Mao1:20160314161954j:plain
 
エロス復活!
 
友人到着。友人(アイ、仮)が私に興味を持っていろいろしてきます。
 
なにやらむっちゃエロい。

こんなエロいタイ人がどうして2人もいるんだ。アメージング・タイランド。
 
今日は3Pあり得る。
 
しかし、あとから来た友人(アイ)とイチャイチャしていたら、最初に話しかけた女の子(ピム)がご機嫌斜めに。そのままの流れで、私はアイと帰ることになりました。
 
フィリピンの悪夢があるので、しっかりと「オレお金ないよ」と言っておきます。まったく気にしていないご様子。久しぶりの即だー。
 
しかし、ホテルに帰って服を脱がせたら、オカマであることが判明。
 
見た目は女性。性欲は男性。

だから2人ともエロかったのか。 。。
 
かまたちの夜
 

i mobile

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする