読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


Tinderで知りあったベトナム人の女の子と日本料理屋で食事をする

 

ホーチミン3日目の記事です。2日目の記事はこちら。

 

 

ベトナム人の素人の女の子とブンブンしたいので、時間があるときにTinderをせこせこやりました。マッチはけっこうするのですが、そこから会うのはなかなか難しいですね。そんななか、22歳の女子大生と仲良くなりまして一緒に日本料理屋で食事をしました。女の子の名前をハンプ(仮)とします。

 

ホーチミンは区分けされており、1〜12まであります。ハンプは8区に住んでいるらしいです。私は1区に滞在していました。

 

1区の日本料理屋で食事をしようと誘ったのですが、「その日本料理屋は行ったことない」「そこは値段が高い」などと言ってきて煮え切らない様子。私が支払うから大丈夫なのに。

 

かといって、「私が8区に行くからベトナム料理を食べよう」と言ってみたところ、「8区のベトナム料理はあなたの健康を損ねる可能性がある」との返答が。8区にいったい何があるというんですか?

 

適当に理由をつけて断りたいんだろうなと思って諦めていたところ、最終的にハンプが1区に来てくれました。バイクで30分ぐらいかかるらしいです。感謝感謝。20時に日本料理屋前で待ち合わせをしました。

 

 

久しぶりの日本料理

 

いやー、おいしかったです。日本料理は世界で1番おいしいですね。会計は434,500ドン(約2,200円)。

 

お刺身。

f:id:Mao1:20160919145834j:plain

 

すき焼き。

f:id:Mao1:20160919145837j:plain

 

 

ハンプとの会話もけっこう盛り上がって時刻は21時半。すると、「もう夜遅いから帰る」と言い出しました。

 

私はホテルに行きたかったのですが、そのような雰囲気でもなかったので素直に従いました。バイクの後ろに乗せてもらい、ホテル近くまで送ってもらいました。

 

 

ありがとう、ハンプ。そして、さようなら。

f:id:Mao1:20160919150359j:plain

 

 

初めてのベトナムマッサージ

 

さて、ハンプと別れて1人になりました。ベトナムドンがけっこう余っています。風俗にいったらちょうどなくなるぐらいです。

 

無理して風俗に行く気にもならないので、ベトナムマッサージを受けてみることにしました。ブイビエン通りに移動します。

 

ブイビエン通りを歩いているとマッサージの営業を頻繁にかけられるのですが、「I wanna sex」と私が言ったことを覚えている女の子がいました。他にカワイイ女の子はいたのですが、「I wanna sex」を物ともせずに笑顔で話しかけてきてくれるので、あわよくばブンブンできるかもと期待して指名。

 

薄暗い部屋に招かれます。こんなエロい雰囲気のところでマッサージを受けるのか。

 

 電気をつけて写真を撮りました。実際はすごく暗いです。

f:id:Mao1:20160919152103j:plain

 

 

ぶらのほっくをはずしてむねとかさわってたのしかったです。 ぶんぶんはできませんでした。

 

チップは要求されませんでした。ホーチミン3日目終了です。4日目の記事はこちら。