ベトナム初日。ハノイのクラブ「1900」でナンパ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 66
スポンサーリンク

初めてのハノイです。新ノイバイ国際空港(ハノイの空港)のキレイさに感動していたのもつかの間、すぐにトラブルが発生しました。

まずはじめに、ハノイ中心部に行くバスにまったく乗れませんでした。空港にはバス案内の看板があるだろうし、何よりバス停の位置はGoogle Mapでわかっていたので「どうにかなる」と高をくくっていたのがミスでした。1時間ぐらいさまよいました。

極めつけはホテルです。「Marriotte-Hotel」というホテルを予約していたのですが、Google Mapで表示される位置が違っていました。AgodaやBooking.comのホテル位置が間違っていることはよくあるのですが。

さらに、改装されており「The Sinh Cafe Tourisut」というツアー会社になっていました。

Marriotte Hotelの外観(Hotels.comの写真より)。
f:id:Mao1:20160908123753j:plain

実際。
f:id:Mao1:20160908221949j:plain

これはひどい。どこからどう見てもホテルではありません。

初めてベトナム人をナンパする

彷徨い歩いて流石に疲れたので、ホテルで20分ほど仮眠をとりました。起床後、ホテル近くの飲み屋街を散策します。

飲み屋街の様子
f:id:Mao1:20160908221944j:plain

クラブ「1900」の場所はこちら。1900は飲み屋街にあります。
http://www.life-free.net/entry/hanoi-club

2人組の女の子がバイクにまたがりながら自撮りをしていたので、私も加わってみました。

Mao
「ハロー!」

女の子
「ノーノーノー!」

気にせずiPhoneを取り出して3人で写真を撮りました。20歳と19歳の女の子。

女の子
「どこから来たの?」

Mao
「Japan!」

女の子
「???」

Mao
「Japan!」

女の子
「おー、Yapan(←Japanの意、ヤパンに聞こえた)!」

ベトナム英語、発音が全然わかりません。Japanで通じないとか今まで初めてです。この2人がたまたま英語が苦手だったのかなと思っていました。しかし、このあともベトナム英語に苦しめられることになろうとは。

とりあえず反応もよくなかったので退散しました。

3軒ぐらいクラブを覗いて、人が入っている『1900』というクラブに行きました。バドワイザーを注文。63,000ドン(約315円)。久しぶりのビールです。

3回目に声をかけた水タバコを吸っている2人組の女の子がヒット。ともに18歳。水タバコをもらいながら、ノリが良い方(チャン、仮名)に狙いを定めて距離を近づけます。しかし、腰に手を回して抱き寄せようとしたら断られました。

あれ、おかしいな、いける雰囲気なんだけどな。

チャン

「ボーイフレンドがいるの」

「そんなこと気にしなくていいよ」と言っていたら、後ろからそのボーイフレンドが現れました。彼氏と来てたんか。1人で踊りに行っていたようです。

彼氏は良い奴でした。握手をして少し雑談をしたあと、チャンを連れてまた踊りに行きました。ということで、残った女の子(フォーアイ、仮名)と話をします。

何かドリンクをごちそうするよと言っても断られました。フォーアイはクラブにリュックサックを持ってきてるのでかなり真面目だと推測できます。そして、やはりベトナム英語は全然わかりません。コミュニケーションが取れません。

諦めました。

フォーアイを1人残すのは悪いかなと思い、20分ぐらい一緒にいました。男がテーブルに帰ってきたタイミングで退散しました。

1日目終了です。ベトナム人、カワイイ。

ダナンに移動しました。

ミーケービーチ。 ハノイで体調不良となりました。そして完治しないままダナンに移動しました。ということで、ハノイの記事は初日分だけで...
関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする