ラオスにいったい何があるというんですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

 
Pha That Luang。空模様が怪しいですが、案の定このあと雨が降りました。そして晴れました。
f:id:Mao1:20160906192141j:plain
 
日本で規則的な生活をしていると刺激を得られることは稀ですが、だからと言って初めて訪れる海外の地が大きな刺激を与えてくれるとは限りません。
 
ラオスに来た私の気持ちを表現するならば、地方に転勤になった会社員とでも言えば理解してもらえますでしょうか?
 
パタヤにいたときの文章と比べると感情の起伏がないですが、それもそのはず、そもそもラオスで私はいたって冷静でした。
 
まったりと過ごした体験を言葉だけで刺激的にすることはできないですし、できたとしてもそれは何か間違っているでしょう?

ワールドカップ予選【日本対タイ】を観戦

 
ラオスには国際バスで入国しました。降車したあと、いつものようにトゥクトゥク運転手の営業をかいくぐり、ホテルまで2km弱歩きました。
 
ビエンチャンに特定の何かを求めていたわけではありません。でも、行けば何かがあるかもしれないと少し期待していたことも事実です。結果、何もありませんでした。
 
ホテルに到着したあと、すぐに4日後のハノイ行きのチケットを調べていました。なぜ4日後かというと、ホテルの男性従業員に3日後に行われるワールドカップ予選の日本を一緒に応援しようと誘われたからです。
 
隣国のタイを応援しないことが意外だったのですが、よくよく考えてみると私たち日本国民も隣国とは戦争の歴史があって、今も仲良くないですね。ラオスも似たようなものなのでしょう。

「boring game」 
 
従業員が途中でこのように言い放った試合で、2−0で日本はタイを降しました。
 

テンプルホッピング

 
自転車を借りて、テンプルホッピングしました。40,000キープ(約500円)。
f:id:Mao1:20160907155108j:plain
 
ラオスには何もないと書きましたが、それは語弊があって実は寺がたくさんあります。そして、寺巡りはなかなか楽しかったです。
 
寺巡りと言えば、ミャンマーのバガンを思い出します。私はラオスでミャンマーのことを思い出していました。浮気者です。
 
パタヤは街全体にフワフワした雰囲気が漂っているところです。
バガンは街全体にデンデンした雰囲気が漂っているところです。

私が好きなところは、街全体が変わった雰囲気を漂わせているところなのかもしれません。
 

ラオスの女の子ってカワイイのかな?

 
女の子のことばかり書いて申し訳ないですが、やはり気になることです。
 
街中にはラオス人の女の子は全然歩いていません。Wikipedia的情報によると、労働人口の8割が農業をしているそうです。女の子はみんな米を作っているのでしょう。
 

労働人口の約8割が農業に従事しており、GDPは低いが食料は豊富で、飢餓に陥ったり、物乞いが増えるといった状況にはない。「貧しい国の豊かさ」と言われるゆえんである。

ラオス – Wikipedia
 
インターネットで調べたところ、置屋はあるようなのでランニングがてらに行ってみました。あまり期待していなかったのが良かったのかもしれません。女の子を見てびっくり。10人中2人可愛かったのです。なかなかの割合です。
 

ラオスにいったい何があるというんですか?

 
異国の地を放浪する29歳の無職。テンプルホッピングと置屋視察。つかの間の休息。boringなワールドカップ予選。そしてときには晴れの日の水たまり。

今回のブログ記事の題名は、村上春樹さんの本の題名を引用させていただきました。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする