28歳で資産3000万円達成。「家がボロい」というコンプレックスを抱えた少年時代。私の投資人生を振り返る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 101
スポンサーリンク

私の総資産が3,000万円を突破しました。

ついに、アッパーマス層の仲間入りです。

f:id:Mao1:20150315140733j:plain

ここで、私の生い立ちを交えながら、今までの投資人生を振り返ってみたいと思います。

1.大学生になるまで。家がボロいのがコンプレックスだった

私の実家はボロかったです。小学生のときは特に気にしていませんでしたが、中学生ぐらいから「Maoの家はボロい。」「Maoは貧乏。」と言われるようになります。そのときにやっと気づいたんですね。

あぁ、私の家はボロいんだと。

雨が降ったら雨漏り、シャワーからお湯が出ない、お風呂場には穴が開いていてナメクジが入ってくる。

ボロいわw

子供のときは自分の環境を当たり前に受け入れていたので、友人に言われてやっと気づきました。そして、「家がボロい、貧乏」と言われるのが嫌で、友人を家に呼ぶことは中学生1年生のときに止めました。また、友人に家を見られることを極端に嫌がり、家を見たいと言われると全力で逃げていました。

お小遣いも全然もらっていなかったので、学校帰りの買い食いなんてもってのほか。高校生のころに、自販機でジュースを買った記憶がありません。みんな学校の自販機でジュースを買ったりするじゃないですか。私にとって100円は大金だったので、買わずに我慢していました。

友人からは貧乏と言われ、親からはバイト禁止、お小遣いも全然もらえない私は、お金に対する欲求がどんどん強くなっていきます。

大学生になるまではこんな感じでした。大学は現役で合格。

2.大学生1年生〜2年生はパチスロにハマる

高校生のときの愛読書はカイジ。そして、大学入学前の春休みに映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」を見て感動した私は、将来の夢を決めます。

将来は、ギャンブラーか詐欺師になろう。

私は大真面目でした。

大学1年生のときに一人暮らしを始めて、パチスロにどっぷりとハマります。

ハマり台のハイエナ、高設定台のハイエナ、宵越し天井狙いorリセット狙いのハイエナと、ハイエナばかりしていました。最高月収は27万円。働くことがバカらしくなり、大学の授業料もスロットで稼げばいいから留年してもいいと本気で考えて授業にはまったく行かなくなりました。授業を休んで朝からパチンコ店に並び、授業に通う大学生を眺めていました。

あぶく銭は身につかずといいますが、例によって私もお金をどんどん使っていました。

しかし、パチスロをこのまま続けると人生が狂うと気づいて、パチスロは大学2年生の半ばにキッパリ止めました。

今思えば、このころから自由への欲求が強かったと思います。

3.20歳に投資を始める。

「ギャンブルは損をする」と一般的に言われています。しかし、ギャンブルであるはずのパチスロで稼いでいた私は、「投資で儲けている人がいるのだから、投資でもきっと勝つ方法があるはずだ」と考えて、2007年、20歳で満を持して証券会社に口座開設をします(19歳のときに口座開設しようとしたら、年齢制限で引っかかったんですよね)。

私の投資人生のスタートです。

初めて買った株式は武富士です。理由は、配当利回りが高かったことと、私が参考にしていたブログで武富士が紹介されていたからです。

武富士は上場廃止、株式の価値はゼロとなりましたw

記憶が定かではありませんが、3,300円ぐらいで買って、翌日数十円上昇したあと株価は下落していき、買値を上回ることは二度とありませんでした。

そのあと、1,800円ぐらいまで下落 → 3,000円ぐらいまで上昇 → 1.800円ぐらいまで下落 → 2,700円ぐらいまで上昇

みたいな株価の値動きになった記憶があります。私は、2,700円ぐらいで損切りしたので、小火傷で済みました。

この頃は、ウォーレン・バフェット、ベンジャミン・グレアムなどのバリュー投資を始め、敗者のゲームなどのインデックス投資、三村雄太さんのトレードなど、多くの本を読みましたね。内容は理解できませんでしたけど。

金持ち父さんや日本のバリュー個人投資家の本は読みやすかったと記憶しています。

また、投資を始めたばかりのころに、物を捨てて金持ちになるという概念に出会い、所有物をどんどん減らしていきました。私がミニマリストになったきっかけです(ミニマリストと名乗ることは止めたんですけどね)。

1年後にリーマン・ショック発生。

4.投資2年目。分散投資を勉強する。

2008年9月15日リーマン・ショック発生。当時は、30万円分程度の株式を保有していました(配当+優待の総合利回りが高いラサ商事やきょくとうなど)。

リーマン・ショック後に、持ち金を全て使って、1,600円でコマツを購入。そのあと、株価はさらに暴落。1か月後に半値の800円になりました。

このとき、株式市場にショックが起こるとすべての企業の株価は下落するということを経験して、資金管理の重要性を学びました。株価はどこまで下がるのかわからないので、株式フルインベストメントは、バーゲンセールで株を買う機会を逃す可能性があるんですね。

目をつけたのは、アセット・アロケーションです。資産を分散しているので、株価が下落したときに株式以外の資産を売って株式を買う原資にできるからです。

アセット・アロケーションの本もたくさん読みましたが、内藤忍さんの本が記憶に残っています。

たしか、内藤忍さんの本の中で期待リターンが8%のアセット・アロケーションが紹介されていたと思います。それを鵜呑みにした私は、5,000万円あったら年間400万円の利益が出るからリタイアできると考え、のちに就職したあと、初給料で買った親へのプレゼントの中に「今までありがとうございました。将来、5,000万円貯めて会社を辞めます。」という手紙を入れることになります。

5.投資3〜4年目。トレーディングをする。

この頃、私生活では半年間の留年を経て大学を卒業。正社員となり働き始めました。株価はリーマン・ショックから立ち直り、卒業時の資産は80万円ほどでした。新卒1年目から投資で資産を築いてセミリタイアする気満々だった私は、資産が増えない自分に焦りを感じながら、投資で儲ける方法を考えていました。

ある日、毎日上下に動いている株価を見て、値幅を決めて買いと売りを繰り返すだけで儲けられると考えました。資産管理だけで儲けられる、バリュー投資や分散投資に頼る必要はないと。

この考え方にピタリとハマったのが林輝太郎さんの本です。すべての本を買って読み漁りました。場帳、玉帳、グラフもつけ始めました。

価格が5万円もする中源線建玉法の本も買いました。結局、変動感覚は身につきませんでしたが。

また、かなり節約に励んでいました。今でこそタイ旅行に行って豪遊したりしていますが、この頃は月額の出費を5万円以内にすることを徹底しています。

あと、新入社員歓迎会のあと、30代前半の課長と帰りの電車が一緒になり10分ほど投資の話をしたことがきっかけで、一般人は投資の知識がまったくないことを知り、以後、投資をしていることを秘密にするようになります。

投資4年目が終わるころの資産は300万円程度。

4.投資5年目〜6年目。米国株投資スタート。

2010年〜2011年、日本株式市場は民主党政権のもと、不遇の時代を迎えます。

変動感覚を身につけるために相変わらず場帳はつけていましたが、株主還元(配当や自社株買い)に積極的なフリー・キャッシュ・フローがたっぷりある企業を利回り重視で買うという投資手法に出会い、優位性を感じてあっさり手法転換。

投資対象も日本株式から米国株式に切り替えます。ギリシャ・ショックによる株安、円高は追い風となりました。この頃に買った銘柄は今も保有しているものもあります(KO、PG、WMT、WFC、COP)。

気になる日本株式もあったのですが、利回りが低いと思って投資せず。しかし、アベノミクスでそれらの株価は数倍になり、のちに後悔することになります。

そして、日本株は5%、米国株は7%ぐらいの利回りを目安にすれば報われるという基準が私の中で出来ました。

また、この時期から、株価、原油などのコモディティ、為替、不動産などが密接に関係していることがわかってきました。株価の値動きを語るときに、通貨の金利や原油、金銀銅の価格、不動産の価格動向などを考える意味が理解できるようになりました。

投資6年目が終わるころの資産は1,300万円程度。

5.投資7年目。オプション投資を始める。

2013年、オプション投資を始めます。2013年5月23日、日経平均株価は前日比1143円安という歴史的な株価大暴落をしますが、私はそのとき偶然プット・オプションを保有していました。しかし、数万円しか儲からず不満爆発。

取引額を増やしてオプション取引を続けましたが、そのあとの株価下落で100万円を超える損失を計上しました。

そのあと、インタラクティブ・ブローカーズ証券に口座を開設して、米国株式でオプション取引をスタート。今も引き続きオプション取引を行っています。主に、カバード・コールとキャッシュ・セキュアード・プットです。

資産は2,200万円程度。

6.投資8年目。オフ会に参加。

2014年、利回り重視の投資とオプション取引を併用しながら目をつけたのが、クリミア併合で欧米から経済制裁を受けていたロシアでした。ロシア株を購入したのですが、暴落の前に撤退。またもや小火傷を負いました。

各国の政策、そして国力、戦争に意識が向くようになりました。

また、生まれて初めて株式投資のオフ会に参加。会社を辞めることを意識し始めた私は、仕事をしているうちに億万長者に会って話を聞こうと思ったからです。以前、記事に書きましたが、会社を辞める予定であることをオフ会で伝えると、否定的な意見が多かったです。

それでも、私は辞める予定ですw

資産は2,800万円程度。

7.投資9年目。資産3,000万円達成

そして、今に至ります。今年度で仕事を辞める予定です。当初の予定は5,000万円でしたが、20代で会社を辞めることを優先します。

それにしても、投資については未だによくわかりません。

これからも何とか生き残って、一歩ずつ進んでいきたいと思います。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする