セミリタイアまで5週間を切りました。新入社員に会社を辞めることについてのアドバイスをする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 58
スポンサーリンク

株価のキッツイ下落があったけど、みんな生き残った?

2015年8月24日から8月25日にかけての株価の値動きはすごかったですね。8月24日の夜間で先物が17、160円の安値をつけてから、8月25日の日中で高値18、845円ですからね。このようなボラを取りたいと夢想しています。

ホテルのネットが遅すぎるので、私は中国のファーストフード店でせこせこ取引をしていました。

さて、私はあと1ヶ月ほどで新卒入社した会社を辞めます。先週の主な出来事を振り返りたいと思います。

新入社員とセミリタイアの話で盛り上がる

今はサラリーマン生活で最後の中国出張中であり、私はもうすぐ会社を辞めます。しかし、一緒に仕事をしている人はまだそのことを知らされていないようです。ということで、私が会社に居続けることを前提とした会話もまだまだあり、その度に少し気まずい思いをします。

一緒に仕事をしているチームの中で、私となんとなく似ている新入社員が1人いるんですよね。その新入社員をシュン(仮)とします。共通点はタイ好きだったり、語学を勉強していたりといったことなんですが。先日、シュンと仕事中に少し会話をしました。

シュンが「Maoさんは保険とかどうされています?」と聞いてきたので、クレジットカードの付帯保険以外は加入していないことを伝えて、そのあと保険についてアドバイスをしました。まぁ、節約家のなかでは一般的に言われているように、保険は宝くじと同じということや掛け捨てがコスト的に安いといったことなんですが。

と、そこにシュンが「Maoさんはなにか理由があってお金を貯めているんですか?」と聞いてきまして、そこでピンときたんですよね。あっ、シュンは会社を辞めるつもりなんだと。そして、実際に聞くとまさにそのとおりでした。

そこから嬉しくなって、私が会社を辞めることを伝えて、夜にファーストフード店でセミリタイアについて語り合いました。シュンはスキルを磨いて海外就職を考えているようです。

楽しかったですね。最終的に私がブログを書いていることも伝えたので、このブログは発見されてしまうかもしれません。

新入社員にした会社を辞めることについてのアドバイス

今回はシュン向けのアドバイスなので、一般的ではないと思いますが、以下のことを伝えました。正直、どこまでアドバイスをしていいのかわかりません。自分よりもすごい人が数多くいる中で、私のアドバイスの価値はどれぐらいなんだろうと。とりあえず、自分のたどってきた道から得たことを参考程度に思ってもらえたら嬉しいですね。

1.不動産投資の有料のセミナーに行ったほうがいい

不動産投資に興味があるようなので、自分が買いたいエリアの不動産投資家と仲良くなることをオススメしておきました。無料のセミナーは業者が物件を売るために営業目的で実施しており、かつ、参加者の質も低いのでオススメしません。

私が参加した不動産投資のセミナーはこちらです。

シュンはセミナーの参加に乗り気でした。10年後とかにシュンの資産が億を超えているかもしれませんね。あと、勝ち組不動産投資家は購入する前に100件ぐらいは物件を見るらしいと合わせて伝えておきました。

2.周りには会社を辞めるつもりであることは言わない方がいい

会社内でのコミュニケーションを円滑にするために、わざわざ言う必要はないでしょう。

3.数年後には考え方が変わっているかもしれない

シュンは4年ぐらいを目処に会社を辞めることを考えているようですが、4年もあれば人が変わるためには十分な期間です。あと、私は新入社員のときよりも6年間勤めた現在のほうが、会社を辞めることに対して恐怖が増していました。年々、会社を辞める恐怖は増していくと思います。

4.周りの3倍頑張る必要がある

シュンは転職をするためのスキル、語学スキル、不動産投資の3つを勉強するようです。3つなので単純に、だったら3倍は頑張る必要があると言っておきました。

5.節約、節約、節約

シュンの数年後の目標資産額が私の基準からは少なすぎましたので、「もっといける!」と言っておきました。シュンの生活コストはざっと私の2倍はあるようでしたね。まぁ、私は異常なんですが。そもそも、シュンは海外就職なのでそんなに貯めなくてもいいのかな。

続きはこちら。

株価のキッツイ下落があったけど、みんな生き残った? 2015年8月24日から8月25日にかけての株価の値動きはすごかったですね...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする