読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


エドサ・コンプレックスに突撃。ゴーゴーガールが求める子どもの養育費は月額7万5千円だよ

 

フィリピン2日目の記事です。初日の記事はこちら。

 

 

マニラで有名な歓楽街は、ブルゴス(P Burgos)通りとエドサ・コンプレックス(EDSA Complex)とのこと。ブルゴス通りはすでに昨日行ったので(といってもゴーゴーバー1軒だけですが)、本日はエドサ・コンプレックスを目指します。

 

とりあえず、エドサ・コンプレックスに近いホテルまで移動です。安いドミトリーのホテル、タラサホステル (Tarasa hostel)をAgodaで予約してから、鉄道でタフト・アベニュー(Taft Avenue)駅まで移動。16ペソ。

 

 

 

ここまでは順調だったのですが、そのあとホテルにたどり着くのに多大な労力を要しました。 

 

 

 

Agodaによればホテルはどう見てもタフト・アベニュー駅前にあるのですが、いくら探しても見つかりません。

f:id:Mao1:20160223175357p:plain

 

 

近辺のホテルにいる従業員に尋ねたところ、実際の場所は北に2.4km行ったところだと判明しました。

 

 

ホテルの場所がMapで正確に表示されていないことはよくあるのですが、ここまで離れているのは初めてです。

 

 

2.4kmを歩く気力がなかったので鉄道で行こうとしたところ、ジムニーの兄ちゃんに声をかけられます。値段を聞くと7ペソ。実はこの乗り物、ずっと気になっていました。

 

f:id:Mao1:20160223175426j:plain

 

乗り心地はパタヤのソンテウを窮屈にしたような感じです。安くて便利。

 

 

フィリピン2日目にしてローカルバス、鉄道、ジムニーに乗る方法がわかったので、かなり移動がラクになりましたね。

 

 

なんとか無事にホテル到着。

 

 

エドサ・コンプレックスに徒歩で向かう

 

歩き疲れてとりあえず昼寝。時刻19:00に目を覚まします。すでに外は真っ暗です。ホテルが辺鄙なところにあるので1人で歩くのは少し恐いですが、ビクビクしながらジムニーに乗ってエドサ(EDSA)駅までたどり着くことができました。

 

とりあえず夜ご飯。88ペソ。

 

f:id:Mao1:20160224093436j:plain

 

f:id:Mao1:20160224093435j:plain

 

 

さて、インターネットでは「エドサ・コンプレックス周辺は治安が悪いのでタクシーで行きましょう」という情報ばかり見かけました。しかし、エドサ駅からエドサ・コンプレックスまでは大通りで人も多く、また女性が1人で歩いているため大丈夫と判断。歩いて向かいます。

 

 

ここで、治安の判断基準について。私は「女性、もしくは老人の外国人が1人で歩いていたら大丈夫」だと思っています。つまり、自分よりも体力的に弱い人間が歩いていたら安心です(孤児が多いので、子どもでは判断できません)。

 

 

危なげなくエドサ・コンプレックスに到着。

 

エドサ・コンプレックスの場所。Google MapでEdsa complexと検索すれば出てきます。

 

エドサ・コンプレックスの入り口。

f:id:Mao1:20160224093750j:plain

 

エドサ・コンプレックスは中にゴーゴーバーが入っているという夢のようなビルです。

f:id:Mao1:20160224093804j:plain

 

 

エドサ・コンプレックス楽しい

 

ビル内にゴーゴーバーは全部で7店舗ありました。ハシゴします。

 

Space → Pit Stop → Bullets & Arrows's saloon → Fire House

 

Fire Houseで隣につけた女の子が、結婚はしたくないけど子どもは欲しいと言っていたので、それならオレの子どもをプレゼントするよと言ったら、養育費月40,000ペソ(約10万円)くれるならいいよと返答されました。「高い」と答えると、30,000ペソ(約7万5千円)に値下がりしました。7万5千円ならいけますね(何がだw)。

 

昨日にバーファインがゼロになったときのように、仕事が終わったあと会おうよと誘ったのですが、終わるのが27時でそのときはチップ3000ペソとのこと。私はドミトリーで連れ込めないから家に泊めてくれと言ったら、「寝るのはいいけど、まだヴァージンの妹と2人暮らしだからセックスはできない」といわれました。

 

とりあえず、来週にまた来る約束をしてさよなら。ゴーゴーガールの住んでいる部屋に興味があるので行ってみたいです。

 

 

もう1軒ぐらい飲んでから帰ろうと思ったのですが、呼び込みの女の子に顔を覚えられて店に入りにくくなったことと、またまだ2日目なので飛ばし過ぎはマズいと思って帰ることにしました。帰りも徒歩&ジムニー。

 

 

2日目終了です。3日目の記事はこちら。