読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


プノンペンでサービスアパートメントを1ヶ月間借りました。手続きの流れや費用など

趣味 趣味-旅行(カンボジア)

 

プノンペンでサービスアパートメントを1ヶ月契約しました。サービスには、ブール、ジム、週2回の清掃、無料のWi-Fi、24時間セキュリティがついており、月額500ドルです。

 

部屋の様子はこんな感じです。Airbnbでも借りられる物件です。

 

冷蔵庫と2口のガスコンロ。

f:id:Mao1:20160928230126j:plain

 

寝室。

f:id:Mao1:20160928230130j:plain

 

クローゼット。セーフティーボックスあり。

f:id:Mao1:20160928230136j:plain

 

パナソニック製のテレビ。

f:id:Mao1:20160928230138j:plain

 

バスルーム。

f:id:Mao1:20160928230142j:plain

 

シャワー。

f:id:Mao1:20160928230144j:plain

 

バルコニー。洗濯機を置く場所。

f:id:Mao1:20160928230152j:plain

 

 

それでは、手続きの流れやかかった費用について説明します。

 

 

手続きの流れ

 

私はセンチュリー21で紹介してもらいました。日本語ペラペラの店長がいて、契約時にコミュニケーションはまったく不自由しませんでした。

 

このセンチュリー21です。

 

プノンペンでの賃貸契約期間は、通常6ヶ月〜となっているので、1ヶ月単位で借りられるのはサービスアパートメントが主となります。

 

賃貸契約の流れは、

 

物件内見 → 借りたい旨を伝える → 翌日1ヶ月分の賃料と1ヶ月分のデポジットを支払う(500USD + 500USD) → 鍵を受け取る → アパートメントの管理人と一緒に備品のチェック → 入居開始

 

といった感じです。保証人はいらないのが特徴ですね。

 

 

費用

 

かかった費用はサービスアパートメントを借りるための賃料500USDだけです。他にデポジット1ヶ月分の500USDを用意する必要がありました。

 

1ヶ月後、デポジットから電気代がひかれた金額が返却されます。水道代は無料。

 

仲介手数料についてですが、今回は無料でした。半年以上の賃貸契約ですと家賃半額分を支払わなければならないようです。