読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


ベトナムよりカンボジアのほうが住みやすい。外こもり都市の候補の1つはプノンペン

 

40日間ほど滞在したプノンペンについて書きます。

 

 

プノンペンは住みやすい 

 

インターネットの情報では、東南アジアでは圧倒的にタイが住みやすいとなっています。私も異論はありません。タイというかパタヤが最強だと思っています。

 

次点としてよくあげられているのがベトナムなんですよね。ベトナムの評判はすこぶる良いです。でも、実際にベトナムに滞在してみて、夜遊びのコストとリスクが高いことがわかりました。警察に見つかったら強制送還という条件ですし、普通のホテルだと女の子を連れ込むことができません。

 

一方、まったく期待していなかったカンボジアのプノンペン。街全体が茶色のイメージ、つまり舗装もされておらず土がむきだしになっているような場所を想像していたのですが、、、オシャレなカフェはそこら中にあり、安価な日本料理屋も多く、幅広い層に対応したジム、一通り揃うイオンモール、そしてウォーキングストリートのゴーゴーバー並みに乱立している店舗型のバービア。

 

結果、アパートメントを借りて1ヶ月住むまでにいたりました。

 

 

個人的に、プノンペンの株はうなぎのぼりです。バンコクより好きですわ。ベトナムとの比較記事が書ければ良いのですが、ベトナムには2週間しか滞在していないのでよくわかりません。ということで、プノンペンの素晴らしさについて書きたいと思います。

 

 

オシャレなカフェが多い

 

プノンペンはオシャレなカフェが多いです。私が気に入っているのは『BROWN Coffee and Bakery』というチェーン店です。店内はコーヒー豆の芳ばしい香りが漂っています。

 

 

サムダック・パン・アベニューにある店舗。

f:id:Mao1:20161001145529j:plain

 

St 51にある店舗。 

f:id:Mao1:20161001221616j:plain

 

リバーサイドにある店舗。

f:id:Mao1:20161006010147j:plain

 

 

まだ訪れたことがない人は、これらの写真を見ただけでプノンペンのイメージが変わりませんか?ちなみに、ベトナムに滞在しているときには『Highlands Coffee』という有名チェーン店によく行っていましたが、圧倒的に『BROWN Coffee』のほうがオシャレですね。

 

 

安価な日本料理屋が多い

 

プノンペンの日本料理屋をまとめて記事にしました。

 

外国に滞在するなら日本料理屋は必須だと思います。私はプノンペン滞在中は日本料理を毎日食べておりカンボジア料理はたまに屋台で食べる程度です。

 

地元の人が食べているような店だと2〜3$、屋台だと1$程度です。$3の日本料理は破格でしょう。

 

 

幅広い層に対応したジム

 

1回1$の格安ジムから1回15$する高級ジムまで数多くあります。格安ジム紹介の記事。

 

格安ジムは、外靴のままトレーニングができることが良い点です。トレーニング用のシューズを持ち歩くのは荷物になるのでなるべく避けたいですからね。

 

また、ボルダリングやヨガのジムもあります。

 

 

 

イオンモール

 

実際に滞在するとなれば、生活用品を何かと揃えなければなりません。このイオンモールに来れば一通り揃うでしょう。また、映画館、ボーリング、カラオケ、ゲームセンターなども楽しむことができます。

 

映画館

f:id:Mao1:20161009122957j:plain

 

ボーリング場。

f:id:Mao1:20161009123000j:plain

 

 

充実したバービア街

 

バービア街をまとめて記事にしました。

 

パタヤでもそうなのですが、供給(女の子の数)が需要を上回っています。閑古鳥が鳴いている店も多くあり、安価にハーレムを築けます。

 

ただし、正直なところカワイイ女の子はベトナムのほうが多いですね。まぁ、どこにでもカワイイ女の子はいるもので、たんなる割合の問題です。ホーチミンは15人に1人カワイイとするならば、プノンペンは30人に1人カワイイぐらいではないでしょうか。まったく個人的な感覚ですが。