バンコクのソンクラーン(水かけ祭り)に着ぐるみで参加。地元のタイ人男性と盛り上がる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

2017年4月15日にバンコクのソンクラーンに参加しました。事前情報で「目立った方が水をたくさんかけられて楽しめる」とのことだったので、着ぐるみで参加しました。

途中で着替えるわけにはいかないので、ホテルから着ぐるみで現地に向かいます。

ホテル受付の女性

「あーーーナーラック!」

ふふふ、カワイイでしょう(ナーラックはカワイイの意味)。

BTSサイアム駅

まずはサイアムです。道中、水鉄砲を持っている人はたくさんいるのですが、変な格好をしているのは私だけです。浮かれた人は全然いません。でも、サイアムに行けばきっと人の様子も変わるでしょう。

BTSサイアム駅に到着しました。サイアム駅の様子です。

普通。普通。普通。普段の格好をしている人ばかりです。

f:id:Mao1:20170421151117j:plain

いったいどこで祭りが行われているのでしょうか。目立つのはそこまで苦手ではないのですが、このときばかりは少し恥ずかしくなってきました。

よくわからないので、シーロム通りに移動することにしました。いや、でもこの着ぐるみの格好で1人でBTSに乗るのか?タクシーで移動するか?

悩んでいると、6人組の大学生ぐらいのタイ人男性グループとすれ違いました。みんなコスプレをしています。おおお、仲間だ!

ついていけば、きっと祭りに参加できる!

Mao
「どこに行くの?」

タイ人男性
「ご飯を食べに行く。」

がっかりです。

すると、

タイ人男性
「一緒に行く?」

Mao
「でも、ご飯を食べに行くんでしょ?」

タイ人男性
「ご飯を食べたあと参加するよ。」

どこで祭りをやっているかもわからないので、ついていくことにしました。このような突発的イベントは受け入れたほうが旅の面白さが上がるものです。

ターミナル6階で食事です。私はソファに座って待つことにしました。6人のうち4人はご飯を食べに行き、2人は私と一緒にソファで待機です。

男性たちの年齢は20歳〜23歳でした。私は着ぐるみでいることが恥ずかしいので、28歳と嘘をついてしまいました。

そのあとも、タイ語で話しかけてくれるのですが、まったく何を言っているのかわかりません。とりあえず、海外で鍛えた対応力を発揮します。笑顔で分かった風にうなずいておけば大丈夫です。

セントラルワールド

さて、食事も終わり会場に移動します。やたらに気合いが入っているコスプレ集団がいるなと思ったら友人だった模様です。一緒に行動します。

舞台はセントラルワールドです。

角の1つを陣地取り、みんなで踊り出しました。盛り上がっているので、どんどん人も寄ってきます。

何だこのパーティピープル集団は!?

円を組んで、中心で1人ずつ踊っていくシーンがありました。私の番がやってきました。

こんなときのために、ダンスを習っていたんだ!

恥ずかしくて拒否しました。まったくダメです。ううむ。

上手に踊る必要はなく、盛り上がればオッケーなのでやりようはあったのですが、突発的に対応することはできませんでした。悔しい。

それにしても、タイ人ってみんなダンスができる印象があるんですよね。家でも学校でも外でも、イベントがあるごとに踊っているから鍛えられているんでしょうね。

これにて終了

3時間ぐらい踊ったと思います。

RCAにも行こうかなと思っていたのですが、疲れたのでパーティピープルに別れを告げ、ホテルでゆっくり過ごしました。

バンコクのソンクラーンはこれにて終了です。

気づけば、お金を一銭も使っていません。それでもこんなに楽しめたのは、見知らぬ異国の私を受け入れてくれたパーティピープルのおかげです。まったく人との出会いは面白いですね。感謝感謝。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする