パンがないならゴーゴーバーでビールを飲めばいいじゃない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 101
スポンサーリンク

パタヤなう。これは襲わない犬。

f:id:Mao1:20170417131251j:plain

パンがないならゴーゴーバーでビールを飲めばいいじゃない

私のパタヤ旅行を振り返るといつもそうなのですが、夜遊びをする日は3~8店舗ぐらいゴーゴーバーをチェックしています。人気店にもマイナー店にも入ります。

なぜこんなにもバーホッピングをするのかというと、それはペイバーしたいと思える女の子を探しているのです。

10日間で20店舗ぐらいゴーゴーバーを回っているのですが、もう妥協してペイバーしても意味がないんですよね。

私のブログも多少は影響力があるようで、記事を読んでタイに興味を持つ方がいらっしゃいます。そのような方たちにアドバイスを送ります。

初回と2回目のタイ訪問が楽しさのマックスです。 

ですから、金に糸目をつけずに楽しんでも良いと思います。

他のことに置き換えると、容易に納得できるはずです。たとえばゲームなんかも初期のころは何をしても楽しかったはずです。ファミコンの初期のゲームなんてひどいもんですよ。

初めて見たAVはどんな作品でも興奮するのです。

初めて入店したゴーゴーバーはどんな女の子でも興奮するのです。

タイに来たばかりのときは、私だってカワイイ女の子ばかりいることに驚きました。みんなカワイイと信じて疑いませんでした。でも、初めてペイバーした女の子を振り返ると、今では間違いなくペイバーしないんですよね。そんなものです。

でもでもでも、ゴーゴーバー愛は減衰していますが今でも大好きです。お酒を飲んだら性欲は高まると思うのですが、その高まった性欲を開放しても結局搾り取られてしまうような変態力を持っているのはパタヤのゴーゴーバー以外に知りません。

ゴーゴーバーはパタヤにあるのが適材適所です。ゴーゴーバーのためにパタヤがあるのか、はたまたパタヤのためにゴーゴーバーがあるのかは私の知る由はありません。

タイはドラッグという過去記事。

タイを愛してやまないみなさま、こんにちは。みなさまはタイにハマった瞬間というものを覚えているでしょうか?「ドキドキで入店したゴーゴー...

ソンクラーン

その日はソンクラーンでした。時刻はすでに19時を回っており、日も暮れています。私はホテル向かいにあるセブンイレブンでご飯を買うためだけに外に出ました。

ソンクラーンは日中に楽しんでおり、すでに着替えも済まして気持ちはゴーゴーバーに向かっています。しかし、出るやいなやホテルの受付の女の子から水をかけられました。このときの被害はまだバケツ1杯分だけだったので、タオルで拭けば何とかなるという具合でした。

セブンイレブンでカルボナーラを買いました。ホテルの前には先ほどの女の子がバケツを持って通行人を見ています。もう水かけは勘弁してもらうつもりでした。電子レンジで温めたカルボナーラをアピールして、水をかけることを免除してもらう作戦です。

女の子と目が合いました。私の必至のアピールは空を切り、まるで私に水をかけることが義務であるかのようにこちらに向かってきます。

知らない人を軸にして逃げ回っていたのですが、ついには思いっきり水をかけられました。

そして、我が目を疑う光景が。女の子は走り出し、私に水をかけなければ親が死んでしまうかのような勢いで、再度バケツに水を入れています。

おいおい、まだ物足りないっていうのか?

流石にこれ以上は無理です。ホテル入り口までダッシュしたのですが、1人の男性従業員に捕まり、羽交い締めにされました。

周りには満面の笑みを浮かべた人 ニヤニヤニヤニヤ。

先頭を切ったのはさっき水をかけてきた女の子。

どぽどぽどぽどぽ!!

や、やめてッ!!

ざぱざぱざぱざぱ!!

止めろぉおおおおおばバババババババ、ザバババババババババびゃびゃびゃびゃびゃびゃびゃ!!!

ありのままの姿が見たい

ソンクラーン事故に合ったせいで着替えがありません。でも、私はゴーゴーバーに行きたいのです。やりたい、やりたい心をしかりしかり、一日一日をパタヤで過ごしているのです。

仕方なく、パンツ一丁で受付にいって現状を説明すると服を貸してくれました。

じゃじゃーん!

襲うのです。

もう、なんか、ゴーゴーバー引退を考えてしまいました。いや、引退って意味がわかりませんが。

最後に入ったゴーゴーバーで姉妹が2人4000Bを提示してきたので承諾。それぞれ1人だとペイバーしない女の子なのですが、2人で安い価格を提示されるとペイバーしてしまうんですよね。1人あたりコストで計算して「バリュー浪費だ!」となってしまうのです。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする