読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


お金で買えない愛がある 買える愛はゴーゴーバーで

 

お金で買えないが愛がある お金で買える愛もある

By マスターカードが届きません

 

 

年1回のパタヤ旅行は余暇の楽しみ

年2回のパタヤ旅行は仕事のエネルギー源

年4回のパタヤ旅行はゴーゴーガールに恋してる

年8回のパタヤ旅行は堕落と退廃

年16回のパタヤ旅行は破綻した人生

By ゴーゴーバーに恋してる

 

 

ゴーゴーガールの誕生日

 

夜遊びの楽しさというものは、「自分と合う女の子に会えるかどうか」という一点に尽きると思います。特にタイでは「サービスを買う」というよりは「女の子を買う」といった表現が正しく、女の子が自分のことを気に入らなければ、ただつまらない時間を過ごしてゲンナリということになってしまいます。一方、自分のことを気に入ってくれた場合には、売春ビジネスを超えた関係が生まれ、日常生活では味わえない体験ができることもあります。

 

パンとは5軒目のゴーゴーバーで出会いました。ひと目見てルックスが気に入り、ドリンクをごちそうしてそのままペイバーしました。

 

明らかにプロとは異なる不慣れな対応から、まだ仕事を始めてからすぐであることがわかりました。

 

その日はパンの友人の誕生日だったらしく、午前4時ごろに「今から友達の誕生日会に一緒に行こう」と誘われます。断ることもできたのですが、地元を離れゴーゴーガールとして働いていくには友人関係はかなり重要であり、それを応援したい気持ちがあったので参加することにしました。

 

BB GUNというクラブです。日本人的感覚ではイケメンだとは思えない髪の毛をスプレーで固めたホストみたいな男性がたくさんいました。そういえば、ちょうど1年前にWindmillの女の子に似たようなクラブに連れて行ってもらったことがありました。外観からはクラブだと判別できないローカルなクラブです。外国人がいないほうが落ち着くのでしょうか。

 

誕生日をむかえた女の子はPALACEのゴーゴーガールでした。他にファーレンハイトのゴーゴーガールが1人いました。ゴーゴーバーでは何とも思わないルックスでも、オフのときに出会うと可愛く見えますね。

 

緊急で作成した誕生日ケーキ。 

f:id:Mao1:20161210113534j:plain

 

なんだかんだで午前8時までいました。カラオケに行こうと誘われましたが、さすがにキツかったので断って、パンを連れてアパートに戻りました。

 

そのあと、パンからLINEを聞かれました。少しとまどいました。帰国日が翌日にせまっていたので、売春ビジネスの関係らしくこのまま音沙汰なしでも良いと思っていたからです。

 

私が戸惑っていることを即座に見破ったパンは、「女の子とたくさんしているんでしょ!」と少し怒っていました。特定の女の子がいるかどうかも聞かれました。「いない」と答えてもまったく信じてくれません。

 

そもそも出会ったのがゴーゴーバーであることから、私の異性関係のだらしなさは明白です。何を言っても信じてくれないでしょう。

 

それはそうと、パタヤに何回も通っているとゴーゴーガールとも顔なじみになり、「あなたが気に入っていた女の子は田舎に帰ったわよ」なんて教えてくれるようになります。そんなとき、「男と結婚して田舎に帰った」と聞くと嬉しくなるのです。お金を介したとはいえ一度は関係をもった女の子なので、家庭を持って幸せになれと考えると心が温まります。

 

ここで自己中心な自分に気づかされます。

 

記事の初めに『夜遊びの楽しさは、「自分と合う女の子に会えるかどうか」という一点に尽きます』と書きましたが、私がゴーゴーガールをペイバーするときは、刹那的な快楽を求めているのに同時に付き合っていくために必要な相性の良さを求め、それでいてやはり付き合う気はないので他の男と幸せになって欲しいという自分勝手な思いがあるのです。

 

 

次にパタヤを訪れたとき、今回一緒に過ごしたパンも結婚していなくなっていると嬉しいですね。