読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


パタヤ(タイ)に1ヶ月住んだ私が選ぶタイで安いものランキング5

 

日本とタイの物価差を利用してタイで安く住もうという俗に言う外こもりはすでに円安&インフレによって旨味はなくなりつつあります。しかしながら、まだまだタイに住んでいると「これは安い!」と思うものに出くわします。今回はそれらをランキング形式で紹介していきます。

 

けっこうオーソドックスなので期待しないでくださいね。

 

 

第5位:タイマッサージ

 

1時間200バーツ(700円)ぐらいです。体力回復に700円を使うというのは節約家からすればありえない行為なんですが、そうは言ってもタイに滞在していると通ってしまうんですよね。日中はけっこう暇ですからね。

 

昼に筋トレ&ランニングをして、その固まった体をほぐすためにタイマッサージを受けることはなかなか優雅な気分にさせてくれました。

 

ちなみに、通常のマッサージを選択して胸とか触っても怒られなかったりするのは隠れバリューです(人によります)。

 

 

第4位:ソンテウ

 

パタヤのソンテウ、10バーツで乗り放題というのは本当に安いと思います(距離によっては20バーツになりますが)。現地人はソンテウを使わずに高いバイクタクシーを使うのはまたおかしな話です。

 

ソンテウに乗ってパタヤビーチを眺めているときが、「あぁ、パタヤに来たなぁ」と実感する瞬間の1つです。多くの人が共感してくださると思います。

 

 

第3位:ゴーゴーバー

 

意見の分かれるところかもしれません。ペイバー代はどんどん値上がりしていますが、ドラフトビア1杯だけ注文して帰るなら、本当に安いと思います。破格の安さです。

 

みんなでゴーゴーバーに毎日通って健康になりましょう。ゴーゴーバー健康法。

 

あと、店内で複数のゴーゴーガールにお酒をおごって騒ぐという遊びもお得だと思います。お金はかかりますが、これを日本でしようと思ったらタイの3倍以上の金額になるでしょう。

 

 

第2位:コンドミニアム

 

パタヤでプールジム付きのコンドミニアムを借りました。

 

パタヤはコンドミニアムが供給過多だと思います。コンドミニアムが安いです。今も新築がどんどん建っているのでこの傾向は続くのでしょう。パタヤ愛好家としては嬉しい限りです。

 

私がコンドミニアムに1ヶ月で支払った総額は13、675バーツです。内訳は、家賃12,000B、清掃代1,000B、電気水道代675Bです。

 

次はAirbnbを利用する予定ですが、月あたり1万円ほど高くなりますね。まぁ、仕方がないです。

 

 

第1位:レット島に行くための船代

 

レット島という外国人はあまり行かない島があります。

 

 

この島に行くために船に乗るのですが、この代金はいくらだと思いますか?下の写真のの船です。

 

f:id:Mao1:20151218211730j:plain

 

なななんと、その代金2バーツ(約7円)。

 

正直笑ってしまう金額です。人を運ばないとクレット島の中で生活している人たちが困るからというのはあるのかもしれませんが、それにしても安いです。

 

タイは基本的に交通費は安いのですが、それにしてもこの船代は衝撃だったので1位にしました。

 

 

まとめ

 

第1位はクレット島の船代と少し異色な感じになりましたが、その他は日常で触れるものばかりです(ゴーゴーバーはタイの日常です)。

 

プールジム付きのコンドミニアムを借りて、プールやジムで運動したあとはタイ・マッサージ、そしてソンテウで移動して夜はゴーゴーバーで一杯やるなんていう生活はかなり安上がりでパタヤでしか味わえないお得な生活だと思っています。パタヤの魅力の1つですよね。