金ばかりに目がいくセミリタイアをするという考え。セミリタイアのジレンマ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

セミリタイアをするために必要な金額を、

自分で考えずに他人から聞いてそれを鵜呑みにしているようでは、

結局、セミリタイアできないと思います。

 

社会が作ったレールを踏み外すのに、

どうしてまた他人のレールを必要とするのでしょうか。

 

 

また、副収入や配当収入が生活費を上回ったらという考え方にも、

最近、疑問を感じています。

 

 

時間をかけて収入を増やしたあと仕事を辞めたとしても、

暇すぎて働きたくなるという話を聞きます。

 

この場合、セミリタイアの準備段階で

働きたくなくても働いている時期があるでしょうから、

その時間はロスしていることになります。

 

非常にもったいない。

 

 

お金は数値としてわかりやすく表せるために、目標を立てやすいです。

 

そして目標を立てやすいだけでなく、数値で進捗を確認できるので、

ヤル気もアップします。

 

 

しかし、

 

 

それが故にその指標を追い求め過ぎて、方向を誤る可能性があります。

 

 

セミリタイアをするために資産額のことばかり気にしていたら、

たとえ目標の資産額に達したとしても、

他の重要なことを疎かにしているなんてことが起こりえるのです。

 

 

時間はもう取り戻せない。

 

 

 

その有り様はさながら高機能を追い求めて

顧客の求める製品とは乖離していったガラケーのようです。

 

 

ディスプレイは◯◯インチ!

容量は◯◯GB!

カメラは◯◯万画素! 

 

そして、顧客はiPhoneを買う。

 

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする