中国でタイ語の参考書『基础泰语』を買ったら質が低かった。中国クオリティー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

私は2013年12月から、タイ語の勉強をしています。

使っている参考書は、

です。

もう少し文章が多い参考書が欲しいと思っているのですが、

日本語の参考書では、探しても見つかりません。

そうだ!中国でタイ語の参考書を買えばいい!

現在、中国出張中のMaoは閃きました。

亚马逊(中国版Amazon)でタイ語の参考書を検索したところ、

よさげな参考書を見つけて早速購入。

35.5元(約710円)でした。

f:id:Mao1:20150113033753j:plain

f:id:Mao1:20150113033826j:plain

文章量も多く、私好みの参考書です。

付属されているCDには、全ての文章の音読が収録されています。

期待しながら聞いてみました。

むむむ?

非常に違和感を覚えます。

私の予想が間違っている可能性もありますが、

これは、ネイティブが話していません。

中国人が朗読しています。

しかも、息継ぎが聞こえてくる。

これぞ中国クオリティー!

それにしても、中国語はタイ語と同様に音の高低で意味を表現するのですが、

このCDのタイ語のイントネーションがおかしいです。

なぜだ?

イントネーションが大事ってことは、母国語ですでに知っているでしょう?

タイ語の参考書は、今年の2月にタイに行くので、

そのときに探すことにします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする