物を買ってQOLを上げるよりも、物を捨ててCOL(Choice Of Life)を増やそう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

Choice

Of

Life

人生の選択肢、頭文字をとってCOLです。

さっき、私が作った言葉です。

物を買って、生活の質を上げることは、理解できます。

実際、私も、

f:id:Mao1:20140729175823j:plain

空気清浄機を買ったり、

f:id:Mao1:20140729175904j:plain

ドルツ(ジェットウォッシャーです)を買ったりしています。

私は、自称ミニマリストですが、

私のミニマリズムは、この程度です。

世の中には、10万円で家を建てて生活している方もいて、

とても真似できません。

すごすぎます。

自分に必要な物を買うことは、大事だと思うのですが、

QOLを上げるために物を買い過ぎると、COLが減り、

結果的にQOLが下がることがあります。

長期ローンを組んで分不相応な家や車を買ったサラリーマンは、

この典型でしょう。

借金があるから、貯金がないから、

仕事を辞めたくても辞められない

という状態です。

苦しくても逃げられない状態に、

わざわざ自分を追い込む必要はありません。

物が少ないと、

お金が貯まり、移動がラクになり、低コストで生活できます。

すると、

サラリーマンを続ける、起業する、仕事を辞めてプラプラする

といったように、選択肢が増えます。

貯金があり、低コストで生活できれば、

COLは増えるのです。

また、COLが多いほうが、QOLは高くなると思うのですが、

みなさんはどう思われますでしょうか?

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする