悪いコメントは良いコメントを駆逐する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 114
スポンサーリンク

「悪貨は良貨を駆逐する」とは、有名なグレシャムの法則です。

 

悪貨と良貨の交換レートが一律の条件下では、

実質価値の高い良貨を手元に残すようになるので、

実質価値の低い悪貨が流通するという法則です。

 

 

先日、ちょくちょく見ていたお気に入りブログのコメント欄が、

閉鎖されてしまいました。

 

コメント機能って、読者とブログ主が手軽にコミュニケーションできる良いツールだと思うので、残念です。

 

原因は、誹謗中傷などのコメントが目立ってきたからでしょう。

ブログ主は、嫌気がさして、コメント欄を閉鎖したのだと思います。

 

 

悪いコメントは良いコメントを駆逐します。

 

 

悪いコメントから受ける精神的ダメージのほうが、

良いコメントから得られる高揚感よりも大きいんですよね。

 

人間って、損失を避ける習性があるので、

良いコメントは、悪いコメントよりも総数が多い必要があります。

 

 

悪いコメントの数をm、良いコメントの数をnとすると、

コメント欄が存続する条件は、

 

n > αmαはブログ主の精神的タフさ係数、α > 1)

 

である必要があります。

 

 

これが、コメント欄の運営不等式です。

 

 

ということで、好きなブログ主のコメント欄に悪いコメントが目立ってきたら、

応援コメントをたくさんしてあげましょうという話です。

 

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kotono より:

    この方はどのような内容のブログを書かれていたのですか?
    Maoさんが好きなブログということなので、稚拙な内容だとは思えないのですが。
    嫌がらせ?僻ですかね?

  2. kotono より:

    非公開でお願いします。
    私もたまにあります。
    特に、男性のミニマリストからのしつこいコメント。
    あ、Maoさんを疑ってはいませんよ。
    ミニマリストへの考えたかもひとそれぞれだと思うので、型にはめる必要はないと思うんですね。
    自分が考えるミニマリズムと違ったりすると、相手を責めようとする自称ミニマリストは相手にできませんよ。
    単純に、嫌なら見なきゃいいのにって思いますし、男性が女性のブログに持論をネチネチ書いているのも気持が悪いです。

  3. Mao1 より:

    kotono さん
    kotonoさんのブログは、人気ブログですからね^^
    勝間和代さんの「目立つ力」という本に、
    「アンチが出てきたということは、ファンがたくさんいることと同じ」、
    「内容は関係なく、有名になればアンチは絶対に出てくる」
    みたいなことが書かれていたと思います。
    ファンが多い人気ブログゆえの悩みですよ!自信もってください!
    ちなみに、私がこの記事で言及している好きなブログの内容は、
    旅行の日記とかです。

  4. kotono より:

    いやいや、人気でも何でも無いですよ・・・。
    ありがとうございます。