電子コミックの株主優待。「イーブック」と「パピレス」と「ビーグリー」と「インフォコム」の比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

私はマンガが大好きです。2017年にKindleでマンガを購入した金額は10万円ほどでした(夜遊びには30万円ほど使っていました)。電子コミックの株主優待がもらえる企業に興味が出てきたので、調べてみました。比較した会社は4つです。イーブックは、イーブックイニシアティブジャパンです。長かったのでイーブックと記載します、すみません。

企業
運営サイト
イーブック(3658)eBookJapan
パピレス(3641)電子書籍パピレス、Renta!
ビーグリー(3981)まんが王国
インフォコム(4348)めちゃコミック

大株主

四季報18年1集より、出版関係の大株主を抜粋します。パピレスは、有名な個人投資家の持ち株で有名ですよね。

企業
大株主
イーブックヤフーが44.1%保有
パピレス日本出版販売(文教堂を28%保有)が6.1%保有
ビーグリー小学館が9.0%保有
インフォコム帝人が55.1%保有

株主優待

パピレスは、100株で10800円分が受け取れるので、お得ですね。

企業
株主優待
確定月
イーブックeBook図書券
100株:1080円
500株:2160円
2000株以上:3240円
1年以上保有で+1080円、3年以上保有で+2160円
3月
パピレス100株以上:10800円分のギフトコード3月
ビーグリーまんが王国で使えるポイント
100株:1000円
500株:5000円
1,000株:10000円
50,000株以上:50000円
12月
インフォコムグルメ優待3月

売上とMAUとARPMAU

個人課金ビジネスで大事なのは、次の式です。

売上 = ユーザー数 x ユーザーあたりの売上(ARPU、Average Revenue Per Userの略)

1ヶ月あたりのアクティブユーザー数を示すMAU(Monthly Active Usersの略)から、1ユーザーあたりの月間売上(ARPMAU)の比較をしてみます。

まずは、イーブックからです。2017年10月27日の決算説明資料には、MAUは掲載されていないので、登録者数から推測します。

2017年9月末で登録者数148万人(YoY+10.6%)とありますので、アクティブユーザーを登録者数の30%~50%とすると、MAUは44万人~74万人となります。

また、2017年7月~9月の電子書籍配信の売上15億円(YoY+15.0%、マンガ以外を含む)とありますので、

MAUが44万人の場合、ARPMAUは114円
MAUが74万人の場合、ARPMAUは68円

となります。

次に、パピレスです。2017年11月21日の決算説明資料には、MAUや電子コミックの売上は掲載されていません。とりあえず、売上全体を記録しておきます。17年4月~17年9月の売上全体は、82億円(YoY+22.1%、マンガ以外を含む)です。17年7月~9月は42億円です。

次に、ビーグリーです。2017年9月23日の決算説明資料から数字を抜き取ります。

17年1月~17年6月のMAUの平均は、約800万人とあります。

電子コミックの売上については、売上全体の90%以上がまんが王国と書かれているので、

17年1月~17年6月の電子コミック売上は、40億円(44.83億円のうち、90%以上がまんが王国なので、44.83 x 0.9)となり、

ARPMAUは83円

となります。

最後に、インフォコムです。2017年10月26日の決算説明資料には、MAUは記載されていませんが、2017年7月でMAUは1100万人を突破というニュースがありましたので、この数字を使用します。

17年4月~17年9月の電子コミックの売上は、100億円(YoY+14.2%)とあるので、

ARPMAUは151円(MAUを1100万人として計算)

です。

以上から、表を作成しました。時価総額は、2017年1月5日終値ベースです。

企業
MAU
売上(3ヶ月)
ARPMAU
時価総額
イーブック44万
74万
15億円*114円
68円
62億円
パピレス42億円**207億円
ビーグリー800万20億円83円110億円
インフォコム1100万50億円151円334億円***

*マンガ以外を含む
**パピレスの売上全体
***時価総額778億円。2016年実績から電子コミックの売上は全体の43%を考慮

ARPMAUについて、ビーグリーが83円に対して、インフォコムが151円と非常に高いんですよね。ビーグリーにはまだ伸びしろがあると見て良いのでしょうか。

株主優待欲しい

私はずっとKindleユーザーで、Amazonがライバルになる電子コミック関連企業には、投資をする気になりませんでした。でも、電子コミックの市場は伸びていますし、何より各企業の売上も伸びているので、そんなに悲観しなくてもよいのかと思い始めました。

優待株用口座の現金が12万円ほどあるので、8万円ほど追加してパピレスを買いたいと思います。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする