読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


日本株のインデックス投資は難しい

 

初めに断っておきますが、私が知らないこと・間違っていることは当然ありますので、教えていただけると嬉しいです。

 

さて、それでは本題に入ります。

 

 

日経平均の推移

 

1985年1月〜2016年2月までの日経平均のグラフです。値は月末終値、ただし2016年2月は2月12日終値を使用しています。

 

f:id:Mao1:20160214222049p:plain

 

このグラフを見て、盲目的にドルコスト平均法で日経平均を買っていく手法は、タイミングが悪ければ儲からないといった印象を受けました。

 

ということで、実際に調べてみました。ドルコスト平均法で毎月10万円購入してみた結果です。

 

開始年 1985~ 1990~ 1995~ 2000~ 2005~ 2010~
総投資額 37,400,000 31,400,000 25,400,000 19,400,000 13,400,000 7,400,000
時価総額 38,143,827 33,675,103 29,447,352 24,310,122 16,358,526 9,282,687
利益 743,827 2,275,103 4,047,352 4,910,122 2,958,526 1,882,687

 

開始する年を1985年、1990年、1995年、2000年、2005年、2010年の6パターンで検証してみたところ、すべての年で利益が出ています。バブルのときに始めても利益が出ているとはすごいですね(手数料は無視しています)。

 

ただし、2月12日終値の日経平均が11,500円の場合は、損失となりました。

 

開始年 1985~ 1990~ 1995~ 2000~ 2005~ 2010~
総投資額 37,400,000 31,400,000 25,400,000 19,400,000 13,400,000 7,400,000
時価総額 29,359,373 25,922,493 22,670,945 18,719,920 12,604,375 7,162,372
利益 -8,040,627 -5,477,507 -2,729,055 -680,080 -795,625 -237,628

 

 

インデックス投資万歳??

 

上の結果、つまり「バブルのときに始めても利益が出ている」ということから、インデックス投資すげー!ってなりますか?

 

 

アタックし続ければなんだって上手くいく!恋愛だってそうだもん!

 

 

武部沙織ちゃんにが言いたいことは、、、えぇっと、

 

ドルコスト平均法Sugeeeeee!

 

ということですよ。

 

ドルコスト平均法という手法はかなり手堅い投資法ですね。

 

ドルコスト平均法はいいぞ。

 

 

毎月定額を投資できるような人なら投資は成功する

 

相場の波を物ともせずに毎月定額を投資に回せるような人なら長期的に見て投資で儲けることは簡単なんだと思います。ただし、これが難しいんですけどね。

 

 

f:id:Mao1:20160214222049p:plain

 

もう1つ、私がインデックス投資を難しいと思う理由を述べます。再度、このグラフを見てましょう。市場は効率的であり情報は行き渡っているためにフリーランチは存在せず、だからこそ市場平均のインデックス投資は最強という論がありますが、日経平均は上下を繰り返しており、ある程度の利益が出たら見切りをつけて売るということをしなければ利益を上げられないことがわかります。

 

盲目的にインデックスを買っていくとはいっても、どこかで売らなければいけないというのは、相反する考え方のようで難しいなと。

 

 

アセット・アロケーションのリバランス

 

インデックス投資をやっている人は、アセット・アロケーションを決めていることが通常です。

 

インデックス投資は売りどきが難しいと先ほど書きましたが、年に1回リバランスをすることによって株価変動のボラティリティを食えるようになります。つまり、一度配分比率を決めたら、あとは頭を使わずに機械的に行えるんですよね。これなら簡単(配分比率を決めるのは簡単ではありませんが、過去の値動きから各資産のリスクをえいやーっと決めると論理的に導かれます)。

 

ただやはり、そのような面白みのない投資を長期間することは難しいのです。

 

 

アクティブにインデックス投資

 

さて、頭の良いファンドマネージャーたちの平均点になるということで、インデックス指数は良い投資先なのですが、ここである誤解が生まれます。

 

インデックス投資は個別株よりも安全!

 

これってどうなんでしょうか?確かに、経営者が損失を隠している可能性や、またボラティリティも大きくなりやすいのですが、たとえば先週の2月12日のような暴落時に果敢にインデックスを買いに向かうといったような、アクティブなインデックス投資が個別株投資よりも安全だとは到底思えません。そこはプロの世界だと思います。

 

 

まとめ

 

まとめますと、

 

・インデックス指数をドルコスト平均法で買い付けていく手法は売りどきが難しい、面白くないので続けるのが難しい

・アセット・アロケーションを決めるのは、面白くないので続けるのが難しい

・アクティブにインデックス投資をするのはプロの世界

・ガルパンはいいぞ