不動産投資のセミナーに参加。2015年8月8日 in 大阪 「なれる!プチセレブ!投資家ビューティ著者たちとの交流会」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

不動産投資の交流会に参加してきました。下の4冊の著者を講師に迎えた交流会です(五十音順)。参加費12,000円です。

上原ちづるさん(スッチー大家)

菅原久美子さん(ソプラノ大家)

舛添菜穂子さん(パート主婦大家なっちー)

村上祐章さん(廃墟不動産投資家)

参加者は50人ぐらい。10人ずつテーブルに座り、初めに各講師の講演を聞きます。そのあとは、15分交代で各講師がテーブルを回ります。私が座ったテーブルのうち、不動産を持っていないのは私の他に1人だけでした。みなさん真剣ですね。株式投資をしている人は全然いませんでした。20代は私だけ、平均年齢35歳ぐらいだと思います。私がブログを書いていることは言っていませんが、参加者がこの記事を見たら一発で分かるでしょう。会社を辞めてパタヤに行くことを宣言してきましたのでw

不動産投資をするためには名刺が必要

みなさん、名刺交換をされていました。私は名刺を持っていかなかったので浮いていたかもしれません。私は名刺が大嫌いなのですが、不動産投資をするならそんなこと言ってられませんね。リフォーム業者や物件の紹介、問題が起きたときの相談相手など人脈が非常に大事です。

というか、凄腕の投資家に可愛がってもらえたら、投資センスがあまりなくても成功すると思います。

購入を検討しているエリアの不動産投資家と仲良くなる→物件を100件見る→購入したい物件を不動産投資家に相談→リフォーム業者など紹介してもらう。これで勝ち組不動産投資家の仲間入りできそうです。言い過ぎですかね。とりあえず人脈が要だと思います。不動産を100件見るのはなかなか骨が折れそうですが。

コミュニケーション力が高い人ばかり

対面に座った人の笑顔がさわやかでとても印象的でした。みなさん、投資家というよりも社長、営業マンといった印象を受けました。まぁ、実際に社長だったりするのですが。名刺を持っていない社会人失格の私にも優しかったですね。こんなことを書くと失礼かもしれませんが、どちらかと言うと以前参加した株式投資家のオフ会の参加者の方々に私はシンパシーを感じています。

株式投資家の方々はオタクっぽさがあるというか。あと、名刺交換ではなくTwitterの相互フォローだったのも良かったです。

不動産投資家の方々は身なりもよかったです。間違いなく言えることは、服飾代は私が一番安かったでしょう。いつもどおり500円のユニクロTシャツを着て参加しました。

利回り15%について考える

話を聞いていると、利回り15%ぐらいで投資されている方がいらっしゃいました。

利回り15%ってどうなんでしょうか?正直、不動産で利回り15%を狙うなら株式を買ったほうがいいように思えるんですよね。投資対象の分散が目的なら別ですが。

不動産投資は個別性が強く、またDIYができたら利回り40%ぐらいはいけるんですよね。多分。お金+労力投入をして、かつ、お金だけで考えた利回りです。ひと通りやりたいことをやったら、DIYの職業訓練に通うのもいいかもしれません。

不動産投資について

大規模な移民政策があれば別ですが、統計からは人口減少が確実な日本です。鼻息高々に不動産投資をする局面ではないと思いますし、ましてやフルレバレッジで35年ローン!みたいなノリではありません。

不動産投資をするのであれば、数年単位で出口を考えながらやるのが金銭的・精神的に負担も少なく良さそうですし、その意味ではやはりリノベーションや廃墟不動産投資に興味があります。

やりたいことがころころ変わる私で当てになりませんが、今は住宅リフォームの職業訓練に心を動かされています。DIYのスキルが「料理」、「ヤフオク」、「物を買わない」などに匹敵する長期的に効力を発揮する節約スキルかどうかはまだわかりませんが。

致命的なこととして、私は不器用なんですよね。。。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする