会社は「サラリーマン」という地位を保証する。セミリタイアをするうえでスキルの重要性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 101
スポンサーリンク

私は創業数十年の日系企業で働いています。

労働組合の力は強いですし、簡単に解雇されることはないでしょう。勤続年数、年齢に応じて給料も上がっていくので、定年まで働き続ける場合はよい環境だと思います。典型的な日本型雇用の企業です。

一方、私は会社を辞める予定です。そして、その視点で考えると、日本型雇用はセミリタイアに不向きと思い始めました。

日本型雇用の特徴

日本型雇用の特徴は、会社から「サラリーマン」という地位を与えられる契約だということです。地位です、地位。

特定の仕事を請け負う契約を結んでいるわけではないので、企業内のすべての仕事に従事する義務を持ちます。長時間労働当たり前。なぜなら、仕事の範囲が決まっていないので、仕事は際限なく増え続けるからです。経営者の都合に合わせて配置転換も頻繁にあります。

また、仕事の内容を基準として賃金を決めることができません。結果、賃金は年齢や勤続年数を基にした、いわゆる年功序列となります。

そして、「どの会社からサラリーマンという地位を与えてもらうか」ということが、生涯賃金に大きな影響を及ぼします。自分の実力より上の企業に運良く入社することができたら、のちの給料泥棒確定です。終身雇用バンザイ。

海外の雇用の特徴

海外の雇用の特徴は、仕事の種類を明確に定める契約だということです。

仕事の種類によって賃金が定められているので、賃金は固定です。事業撤退などで仕事自体がなくなれば、簡単に解雇されます。就職する際にも、スキルが必要となります。しかし、自分の仕事を終わらせたら定時で帰宅できます。

スキルに焦点が当てられているので、「個」の力を伸ばそうという意識は高いでしょう。

海外の教育の例。ドイツの職業訓練校

ドイツは大学進学率が4割くらいで、あとは高校時代から職業訓練専門学校に向かいます。そして、職業訓練専門学校の多くが1週間のうち2日間は学校で理論を学び、3日間は会社に行って実習をするというシステムになっています。ですから、職業訓練専門学校を卒業するころには、自分の腕で食べていけるだけの技術を身につけられるそうです。

そして、会社に入るときは工業系だけではなく事務系も含めた350くらいの様々な職種の中から、自分が専門にする職種を選んで、さらに腕を磨いていきます。

まさに、手に職をつける教育がなされていることがわかります。

日本ではスキルを自発的に身につける必要あり

私の具体例で説明します。

私は旧帝国大学に現役合格していますが、大学時代に学んだことといえば、女の子との付き合い方、格闘技、集団行動とパチスロです。

直接的な食っていくスキルを学んでいません。女を食えるようにはなりました。

私は留年しているので、大学生の中でもかなりダメな方ですが、周りを見渡しても食っていくスキルを身につけている人はそうそういません。

食っていくスキルがないので会社に依存。

会社内で通用するスキルのみがどんどん身についてくので会社に依存。

ドイツと比べると会社に依存する度合いは強いでしょう。そして、意欲的でなければ、食っていくスキルは身につきません。

4年働いて2年休むという選択肢の障壁

先日、読者のとんかつさんからコメントをいただきました。

phaさんの新刊に載っていましたがいままで40年働いて20年休むというスタイルでした。それが時代に合わないし40年で死んでしまうリスクもあります。それでしたら、4年働いて2年休む、もしくは週休3~4日で時代の変化に合わせて生活した方がいいのではという理屈です。

後日、phaさんの新刊「持たない幸福論」を私も読みました。

4年働いて2年休むというスタイルは私は素晴らしいと思います。

しかし、現実的にこの選択肢を考えた場合、スキルがないと厳しいのではないでしょうか?

日本の場合は一括採用でスキルゼロの新卒を一から教育するシステムであるため、大学卒業時にはスキルゼロ、そして入社後は会社に依存という形に陥りがちです。

海外の教育、雇用契約を絶賛しているわけではありません。私は大学時代のモラトリアムを楽しみましたし、新卒時にスキルゼロの私を雇ってくれた会社に感謝しています。日本に生まれて良かったです。

ただし、新卒で就職した会社に定年まで働き続けるという道を踏み外す場合、新卒時にスキルゼロというのは、なかなか厳しい道であると思います。

phaさんの新刊「持たない幸福論」はかなり面白かったので、別途、書評を書きたいと思います(2015/6/21更新、書きました)。

phaさん著「持たない幸福論」の書評。社会資本によるセミリタイアの方法 – セミリタイア生活の綴り Blog

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする