ジェットスターの機内が寒すぎる。タイに行く人は注意。コンパクトダウンを持っていこう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

 

先日のタイ旅行では、ジェットスターを利用しました。

 

 

その際に、機内で寝たら風邪をひきました。

 

みなさんもジェットスターをご利用になる際は、お気をつけください。 私の場合は帰国便でしたので、旅行中に体調不良にならなかったのが幸いです。

 

 

機内の温度は日によって違う?

 

私はジェットスターに乗ったのは、今回が初めてではありません。

 

というか、ヘビーユーザーです。

 

ジェットスターはとても安いので、今までもたびたび利用しています。そして、「機内が寒い」と思うことはたまにありました。

 

 

しかし、先日の寒さは今までとは別格でした。まるで、冷蔵庫の中にいるみたいでした。 

 

 

常夏のタイに滞在していたので機内と外部の温度差が激しくて余計に寒く感じたのかもしれません。同じタイミングで搭乗した女性二人組が、「なにこれ、寒すぎ。バカじゃないの?」と話していましたw

 

 

オススメの服装と機内快適グッズ

 

私は靴下を履いて、長ズボンを着用して、長袖のシャツを3枚を着て防寒対策をしました。深夜便だったので、気づいたら寝てました。

 

そして、起きたら風邪をひいていました。

 

 

今までジェットスターを利用したときも長袖のシャツを持っていて、それで寒さ対策は十分でした。しかし、今回の寒さには対応できませんでした。

 

ジェットスターでは機内快適グッズが販売されており、そこに毛布が含まれています。以下は、ジェットスターのホームページより引用です。

 

ジェットスターでは、機内でくつろいでいただけるよう、アイマスクや耳栓、靴下、歯ブラシセットなどを、一つのポーチにまとめた機内快適グッズを提供しています。機内快適グッズには、枕と毛布も含まれています。

 

もしもジェットスターに搭乗したときに寒さを感じたのであれば、ケチらずに機内快適グッズを買うほうが良いと思います。

 

私は節約家なので、機内快適グッズは買わずにユニクロのコンパクトダウンを持っていくつもりです。

 

 

生地が薄くかさばらないので、オススメです。

 

 

最後に

 

ジェットスターは運賃がとても安いので、今後も利用するつもりです。正直、運賃の安さは衝撃的です。

 

せっかくの旅行が台無しにならないように、防寒対策は事前にしっかりしてください。そして、万が一寒さを感じた場合は、ケチらずに機内快適グッズを買うことをおすすめします。

 

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする