読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


結婚願望がある。東の芝は黒く見えるのです

シンプルライフ シンプルライフ-人付き合い

 

結婚結構!ケコケッコー!

 

 

サラリーマンだったころには「結婚したら人生が詰む」と本気で考えていました。理由は「結婚をしたら自由を失う」という一点に尽きます。大学生のときから会社を辞めることを決めていた自分にとって、会社を辞められなくなりそうな結婚は絶対に避けるべきものでした。

 

このブログにも、結婚に対する私の思いがたくさん綴られています。

 







 

しかしながら、昔から「結婚したら詰む」と考えているのと同時に「結婚して落ち着くのも悪くない」とも思っています。私の周りで結婚している人はなんだかんだいって楽しそうにしています。

 

極めて個人的なことなので、周りがどうなっているかを自分に当てはめることにはあまり意味がないのですけどね。

 

 

遠い世界はキレイに見える

 

わかってるんですよ。このことぐらい。結婚がいいなと思える理由は、私にとって結婚がとても遠いものなんですよ。退廃と堕落を愛する者からすれば、結婚して子育てをしている人はとてもキラキラ輝いて見えます。

 

年末に既婚子持ちの中学時代の友人と遊んでいたときに昨年の東南アジア旅行のことを話していたら、「Maoが一番人生を楽しんでいるかもしれんな」って言われたんですよね。あと、このブログの読者の方にもたまに言われます。

 

そんなことを思う人たちは、退廃とは無縁のまっとうな生活を歩んでおられるのでしょう。遠い世界だからキレイに見えるんですよ(いや、キレイには見えていないかもですが)。女の子を取っ替え引っ替えブンブンするのも短期的にはベリーベストな解かもしれませんが、長期的には彼女が欲しくなったりします。落ち着きたくなるんですよね。

 

隣の芝生は青く見えるのです。そして、東の芝は黒く見えるのです。

 

 

どんなことにも良いことと悪いことはあるわけで、それが自分にとってどうなのかは実際に経験してみるのが一番で、ということは一度結婚してみるのはありなんですよね。駄目だったら離婚。

 

 

結婚できるのかどうか

 

「タイで女買ってるクズが結婚できるのか?ああん?」なんて言われたときのために、あらかじめ反論しておきます。

 

そんなことを言う人は結婚を神聖視し過ぎです。あんなもんクズでもできるんですよ。クズのような犯罪者でも既婚者なんてたくさんいるじゃないですか?

 

そもそも浮気や不倫、また既婚者が風俗に行くことなんてありふれた出来事であり、それが人間なんですよ。男性に限ったことではなく女性も簡単に不倫します。ふぉふぉふぉ。

 

 

結婚相手について

 

一昨年のことですが、タイ人の女の子と遊んでいるときに家族とも仲良くなり、そのときに相手の父親から「お金を払えば娘をやる」って言われたんですよね。

 

無職である今、日本人の相手を探すのはなかなか難しそうです。でも、結婚するなら日本人がいいなと思っています。

 

なぜなら、相手の親にワガママを言われるのは自分にとってかなり苦痛であることは容易にわかるからです。ちょっと耐えられそうにありません。老人はえてして意味がわからないことを確信を持って言ってくる傾向があります。ですから、まだ価値観が理解できそうな日本人がいいかなと。