セブ島で夜遊び。マンゴーストリートのゴーゴーバー(ビキニバー)とクラブ(ディスコ)を紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

セブ島での夜遊びはマンゴーストリートが有名です。ゴーゴーバーやクラブがあります。

クラブ『Alchology(アルコロジー)』でお酒を飲んでいる写真。

ゴーゴーバー(ビキニバー)とクラブ(ディスコ)の場所を紹介します。

ゴーゴーバー(ビキニバー)

ゴーゴーバーは合計で12店あります。ちなみに、フィリピンではビキニバーと言うようです。

・Dimples(ディンプルズ)
・Love city
・papillon(パピロン)
・Viking(バイキング)
・BG’s
・Next door
・HOT ROD
・Planet X
・Sister Sister
・Twisted Sister
・KANPAI
・Volvo(ボルボ)

KANPAIとボルボは少し離れた位置にあります。

バンコクやアンヘレスでは、店の前に女の子が出て客引きをしていますが、マンゴーストリートでは男性が客引きをしています。

また、エントランスフィー(入場料)やテーブルチャージを取るゴーゴーバーがあるので、入店する前にしっかり確認をしましょう。高かったらサービスが良いかというとそうではありません。

クラブ(ディスコ)

クラブは合計で5店舗あります。この地帯に密集しています。

・Alchology(アルコロジー)
・J-Ave
・Hype
・Cube
・Ultra

私のそれぞれの印象ですが、
J-Aveは売春婦の巣窟、
Cubeは地元民多し、
Ultraは人気なし

です。

J-Aveのみエントランスフィー100ペソ(ワンドリンク付)です。他は無料。

私のセブ島でのクラブナンパ記事はこちら。

お金は人を臆病にするようです。お金があるとタクシーで移動、女は買えばいいとなりがちです。しかし、もしお金がなかったらローカルバスに乗り、女の...

マンゴーストリートの治安

メインストリートは人通りも多いので気をつけていればそうそう事件は起こらないと思います。気をつけるべきはスリでしょうか。あと美人局w

ただし、脇道に入ると大麻を売りつけてくるおじさんがいたり、20人ぐらいストリートチルドレンが座っていたりします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする