メタルマックス4のハードモードに挑戦したので評価してみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

戦車。犬。人間。

これらのキーワードから連想されるものは1つ。そう、メタルマックスです。2015年4月にメタルマックス4をプレイして、ハマりすぎて睡眠時間を削った結果、寝坊をして会社に遅れそうになったのはいい思い出です。

そのときのプレイ記録はこれ。

2013年11月7日に発売されたメタルマックス4をクリアしました。現在、発売から1年以上経過しているので、今更という感じですが(ネタバレあり...

日常生活に支障が出るのでプレイを我慢していましたが、先日に2周目を開始しました。2周目はハードモードを選択します。

当初は、「強くてニューゲームがあるから簡単にクリアできるだろう。サクサク進めてやり残したイベントを見よう」と考えていました。しかし、この考えは明らかな間違いでありました。

バイク縛りでプレイを試みたが、、、

こちとら人間戦車の異名を持つハンターじゃい!

私はゲームのキャラクターに「らしさ」を求めます。初見プレイのときは戦車を手に入れたあとでも、ズキーヤをナポレオン3号に乗せ続けましたし(最終的に諦めましたが)、女性キャラにはたとえ防御力が高かろうとも男らしさが上がる防具なんて付けさせません。

強くてニューゲームを選択した今回は、人間戦車の異名を持つバイクに乗ったハンター、生身のソルジャーのサーシャ、ナポレオン3号に乗ったズキーヤで攻略しようと決めました。フィールドの音楽も「ランナウェイ」になって気分は良好。

序盤は危なげなく順調にイベントを見ていきます。特に、1周目で見ていなかったラトゥールのカリンのイベントとドクターミンチの恋人復活イベントは楽しかったです。

ところが、、、中盤から難易度が激化しました。

ストーンバレーで騎甲サイゴンやウルリッヒにあっけなくやられます。死んではやり直し死んではやり直しを何回か繰り返しましたが、まったく勝てません。

仕方なく戦車に乗って進みました。戦車に乗ると、やはり難易度はイージーモード。サクサク進んで、悪党ミュージアムまでやってきました。

私には、1周目では戦っていないお尋ね者がいました。それは、ボニエ&クライヤ。聞くところによると、美女らしい。これは、戦わねば。この賞金首と戦えたら、もう悔いはない。

私は攻略サイトを一切見ないでゲームをプレイします。そして、1周目ではボニエ&クライヤに出会えませんでした。一体どこにいるのだろうか?男のハンターをさらうということからパーティーを男だけにする?男らしさがある一定以上必要?悪党ミュージアムの上にあるVIPルーム?

よくわからないので、ついに攻略サイトを見ました。場所を確認すると、悪党ミュージアムの南の建物にいるとのこと。

こんなところにいたのか!

ワクワクしながらイベントを進めます。ボニエ&クライヤとのやりとりむっちゃ楽しい。かなりメタルマックスらしさが出ています。

ボニエ&クライヤの想像以上の強さに驚きながら、ついにぷ〜さん号との戦いまで進みました。

そして、勝てないので諦めました。ダムにいた大食い物体Xもそうなんですが、回復するボスはチート。

私のメタルマックス4はこれで終了です。ボニエ&クライヤは倒せなかったですが、満足しました。ありがとう、メタルマックス4!

旅の思い出

f:id:Mao1:20150530023502j:plain

お尋ね者に挟まれて、逃げることもできずに無残に殺されていく主人公たち。これぞメタルマックス。

f:id:Mao1:20150530024631j:plain

戦車に乗って再戦。お尋ね者3体 vs プレイヤー3人と犬1匹のガチンコバトル。

f:id:Mao1:20150530024820j:plain

私の好きな敵キャラのサルモネラ一家。

f:id:Mao1:20150530024712j:plain

ズキュンドキュンバキューン!

f:id:Mao1:20150530024727j:plain

ななななな。

メタルマックス4のお気に入りミュージックトップ3

メタルマックスは名曲が多いです。今作においても音楽で楽しめました。私のお気に入りミュージックのトップ3を紹介します。

第3位:月下涼風

楽器の音がいいですよね。和風の音楽は落ち着きます。

第2位:WANTED!

メタルマックスの名曲「お尋ね者との戦い」です。これを聞くと脳汁が出ます。

第1位:ランナウェイ

バイクにまたがったときに流れる音楽です。もちろんサーシャにまたがったときも流れます。戦車を手に入れるとバイクに乗らないようになるので、聴く機会が減って残念です。背に腹は代えられません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする