【วันที่3】ナンパ師になることにした in タイ。テキーラとシュガーベイビー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 105
i mobile

タイ旅行4日目です。
 
1日目はバンコクでゴーゴーバーを8軒はしごして、
2日目はパタヤでゴーゴーバーを8軒はしごして、
3日目はパタヤでゴーゴーバーを5軒はしごしたあとクラブでナンパをして、

疲労が溜まってきました。

日中も休んでいるわけではなく、コンドミニアムを探していたりしたので。
 
しかし、疲れているとは言っても、
せっかくパタヤに来たのだから遊ばなければもったいないと思い、
夜はウォーキングストリートに向かいます。
 
ウォーキングストリートに行く前に、子猫のおしりという店でラーメンを食べようと立ち寄ったのですが、子猫のおしりは日式Barに変わっていました。
 
「日本料理を食べに来た。」とママさんに伝えると、
BAKUという日本料理屋を教えてもらいまして、さてBAKUに行こうかなと思ったら、
 
お客のアメリカ人(テッド、仮)に、
「一緒に飲もうよ!奢るよ!」
 
と誘ってもらいました。
お言葉に甘えてビール一杯ごちそうになりました。

テッドさんはベロンベロンに酔っ払っており、
女性2人をペイバーしていきましたw
 
テッドさんから「連絡してよ。」と電話番号を書いた紙を渡されたのですが、
ベロンベロンに酔っ払っていたので私のことを覚えているかどうかも怪しく、
連絡はしていません。
 
どうすればいいんですかね?

さて、テッドさんは女の子をペイバーして店から出ていきましたので、
私もBAKUに向かいます。
 
f:id:Mao1:20150227194732j:plain
BAKUで食べたカツ丼

カツ丼を食べたあとは、ゴーゴーバーを4軒はしごして、
ピアー(The Pier)というクラブに向かいます。
 
シンハーを頼んで、ボーイに案内されたテーブルで店内の様子を観察します。
 
インソムニアよりも小さいですね。お客も少ないので、ナンパは少しやりにくい。
 
そこに、目の前に1人で来ていた40代ぐらいの欧米人(セニョール、仮)が、
女の子に声をかけているのを目撃しました。
 
おお、同士がいる。

セニョールさんに勇気を貰い、私もテーブルで座っている3人組の女の子グループに声をかけました。
 
Mao
「一緒に飲もうYo!」
 
女の子は首を傾げて、反応はいまいちです。

とりあえず他にナンパ候補の女性もいないので、
女性と同じテーブルに座って話しかけます。
 
女の子たちのノリはあまりよくなく、
テーブルに座ってまったりしています。
 
(ふふふ、これはクラブ初心者で田舎から旅行に来た女の子たちかな?)
 
なんて思いながら無理やり立たせて一緒に踊ったりしていると、
1人の女の子が私に興味を持ってくれたようで、いい感じになります。
 
その子がテキーラを頼んだので、私もテキーラを頼んで一緒に飲んで踊っていると、
その子が明らかに酔っ払ってきました。
 
他の女の子は「もう飲むの止めなよ」みたいな雰囲気を出していたのですが、
その子はまたテキーラを頼んだので一緒に飲みました。
 
気を利かせてくれたのか、他の2人の女の子はibarに行ったので(ibarはバーです)、
2人でそのまま遊びました。
 
よくよく聞いてみると、その女の子たちはシュガーベイビーで働いているゴーゴーガールでした。プライベートで知り合ったあと、お店に行って会うのも楽しいよNe!
 
それにしても、2人同時ナンパは難しいですね。。。

i mobile

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. palo より:

    テッドさんとのその後を期待!

  2. Mao1 より:

    palo さん
    テッドさんとのその後期待ですか。
    むむむ、機会があれば連絡します。
    (あ、これは連絡しないパターンですかねw)