セミリタイア企業の紹介その5【日清紡HD(3105)】。多様化を図る繊維会社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

私は、配当金収入や不動産の賃貸収入が多い利益構造の企業を、  

 

セミリタイア企業

 

と名づけました。

 

 

本日は、日清紡HD(3105)を紹介します。

 

 

企業概要

 

日清紡ホールディングス株式会社、証券コード3105。設立は、1907年。

東京都中央区日本橋人形町に本社を構える日本の持株会社。「環境カンパニー」を目標に掲げ、環境・エネルギー分野へ事業シフトを進めている。エレクトロニクス、繊維、自動車ブレーキ、メカトロニクス等の多分野の企業を包括する。

 

 

利益構造

 

日清紡のセグメントは、「繊維」、「ブレーキ」、「紙製品」、「精密機器」、「化学品」、「エレクトロニクス」、「不動産」と多岐にわたっています。

 

不動産事業とそれ以外に分けて、セグメント利益を見てみましょう。

 

 

 

不動産事業の利益がボコボコしているのが気になりますが、

日清紡にとって不動産事業は核の事業といえるでしょう。

 

 

バリュエーション

  

Yahooファイナンスより、日清紡HD(3105)のバリュエーションを見てみます。

15年2月16日終値です。

 

株価 : 1,189円

配当利回り : 1.26%(年間15円)

PER : 20.66倍

PBR : 0.82倍

優待 : あり。保有株数に応じて自社製品。

 

優待はティッシュやトイレットペーパーなどの生活必需品がもらえます。

現金換算でよいでしょう。

 

しかし、利回りが低いですね。

 

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする