バンコクでタイ人女の子と2人きりでデート。。。のはずが、途中から父母合流

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 101
スポンサーリンク

パタヤライフ9日目の記事はこちら。10日目はありません。

8日目の記事はこちら。9日目の記事です。昨日でパタヤに来て8日目なんだけど、時間の流れが速くなった。1週間ぐ...

パタヤライフ11、12日目の記事です。

パタヤライフ5日目に、初対面で実家に遊びに連れて行ってくれた女の子、ピー。

パタヤ3日目の記事はこちら。4日目はありません。パタヤライフ5日目の記事です。「日曜日に遊びに連れて行ってあげるわ」...

またピーと遊びました。今回は私がバンコクまで行きました。ピーはバンコクで働いており、週末になると実家があるパタヤに帰ってくるんですね。

パタヤライフ11日目は昼ごろ起床。そのままバスに乗ってバンコクへ。BTSのサラデーン駅から徒歩5分ぐらいのところにあるホステルに泊まりました。1泊250バーツぐらい。

ピーにバンコクに着いたことを連絡すると、夜ご飯に誘われました。ということで、サイアム駅の近くのSiam World Centerでイサーン料理。前回ピーの家族にはお世話になったので、会計はすべて私が支払いました。途中でピーの女友達が乱入して高額に。1260バーツ。ぐはぁ。

f:id:Mao1:20151027150808j:plain

変わったカバンを持っていたピーの友達。

翌日。BTSモーチット駅で10時半集合。9時半ごろにビクトリーモニュメント駅のマクドナルドにいることを伝えると、なんと時間にルーズなピーがすでに近くにいるとのこと。一緒にマクドナルドで朝ごはんを食べました。

f:id:Mao1:20151027151317j:plain

ポテトがマズいといって、大量に残すピー。

それにしても、私は朝マックで100バーツ、ピーは普通のセットで150バーツ。会計は各自支払いです。本当に、タイ人の金銭感覚がよくわかりません。ピーの月収は全然知りませんが、9万円としても1食あたりに500円も使うなんて信じられません(余計なお世話なのですがね。口に出してはいませんよ)。

というか、私の金銭感覚では安い朝マック一択だったのですが。。。不思議に思って「貯金はしているの?」と聞くと、月7%ぐらいはしているとのこと。それに、両親に仕送りもしているらしいです。普段は節約生活なのでしょうかね?

まぁ、あまり気にしないでおきましょう。私の金銭感覚はタイ人からしても異常なのかもしれません。

まずは、言わずと知れたウィークエンドマーケットに連れて行ってもらいました。

f:id:Mao1:20151028171036j:plain

趣がある書店。

インターネットが進むとこのような露天型の店はどんどん潰れていくのかなと思うと、少し寂しくなりました。

そのあとは、タクシーで港に移動。そして、クレット島へ。

この島がすごく楽しかったです。

f:id:Mao1:20151027150914j:plain

オシャレはカフェでラテを飲みました。

f:id:Mao1:20151027151322j:plain

ラテ。35バーツ。

f:id:Mao1:20151027151051j:plain

自然豊かな道を風を感じながらバイクタクシーで島を10分の9周しました(1周はしてくれませんw)。これもたったの40バーツ。このバイクに乗っているときに、幸せを感じました。なんだろう、この感じは。

ピー、ありがとう。

ホクホクしてクレット島から戻ると、そこにはピーの父母の姿が。なんでも、ラチャブリーからパタヤに帰る途中だったので、ついでに私をパタヤまで送ってくれるとのこと。ありがたい、遠慮せずに送ってもらうことにしました。

f:id:Mao1:20151027151219j:plain

車はなぜかAsiatiquetへ。ここも雰囲気いいですね。

ピーの父母はすでにリタイア生活に突入しているらしいです。それを聞いて、タイ人のリタイアは幸せな1つの形かと思いました。

タイ人って家族で本当に仲が良いんですよね。ピーは両親をとても好いているのがわかります。来年は家族でマレーシアに行くらしいですし。

夫婦だけでなく、子どもも含めて家族と仲良く過ごす幸せを実現しているのが、タイ人だと思います。

わたしも見習うべきところがありますね。

とりあえず、パタヤライフ12日目終了です。

パタヤライフ14日目の記事はこちら。13日目はありません。

パタヤライフ11,12日目の記事はこちらです。13日目はありません。パタヤライフ14日目の記事です。風邪を引...
関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする