パタヤのコンドミニアム短期契約で問題発生。そして世界一周へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

パタヤライフ11,12日目の記事はこちらです。13日目はありません。

パタヤライフ9日目の記事はこちら。10日目はありません。パタヤライフ11、12日目の記事です。パタヤライフ5...

パタヤライフ14日目の記事です。

風邪を引きました。。。

昨日、ペプー(パタヤライフ9日目にBeeTalkで出会った女の子)がバンコクからパタヤに遊びに来てくれたんですよね。

8日目の記事はこちら。9日目の記事です。昨日でパタヤに来て8日目なんだけど、時間の流れが速くなった。1週間ぐ...

会ってご飯を食べたんですが、どうやらペプーは体調が悪いようです。熱はないけど喉がイガイガするとのこと。しきりに咳をしています。私はペプーを気遣って「コンドミニアムで休もう!」と提案。

まぁ、身から出た錆ですわ。

とは言っても、微熱なんですよね。しかし、夜遊びをする気はまったくなくなりまして、しばらくの間はエロスなしです。

とりあえず、コンドミニアムの契約を更新することにしました。パタヤは居心地が良かったので1ヶ月追加することに。デポジットとして8万円強を支払っており手持ちのお金が少なくなっていたので、ミーナ(不動産屋の女の子)に「来月の家賃をデポジットから支払えないか」とダメ元で相談してみました。すると、「オーナーが掃除をしたいと言っている」というわけがわからない返事。

そのあとLINEのやり取りを続けていたのですが、タイ語が理解できません。

ミーナから来たLINEを抜粋します。

ฉันก็คิดว่าคุณย้ายที่อยู่ดีกว่า

เจ้าของห้องเรื่องมากให้คุณย้ายที่อยู่ไม่ต้องต่อสัญญากับเขาแล้ว

1行目で引っ越した方が良いと言われていることは分かるのですが、2行目がさっぱりです。特に、この เรื่องมาก

仕方がないので、オフィスに行って直接話を聞くことにしました。

どうやら、このเรื่องมากはネガティブな意味での几帳面という意味らしいです。そして、オーナーは2週間に1回掃除をしたいと言ってきているみたいです。支払いは1回500バーツでデポジットから支払い。契約時にそのような話はまったく聞いていません。

正直な話、2週間につき500バーツぐらいなら支払ってもよかったのですが、ミーナたちに引っ越したほうがいいと勧められることから、かなり不利なことなんだと推測できます。節約家としてこれは避けたい。

とりあえず、「コンドミニアムは気に入っているからもっと住みたいけど掃除のお金は支払いたくない」と伝えると、ミーナが交渉してくれることになりました。と、その交渉途中で違和感。胸騒ぎがしました。

この胸騒ぎの原因の正体はわかりません。契約にはなかったことを言い出すオーナーに危険を感じたのか、はたまた1ヶ月以上パタヤに滞在すると脳細胞がふやけてしまうという警鐘なのか。

交渉の結果、1ヶ月に1回300バーツの掃除を了承すれば2ヶ月住んでいいことになりました。しかし、私は自分のシックス・センスを信じることにして、ミーナに礼を言いながら1ヶ月で出ることに決めました。

せっかくなので、プーケットに行って1ヶ月生活しようかなと。でも、観光地で物価が高いという情報を見て止めました。というか、そもそもノービザタイ滞在30日延長の更新料1900バーツも高くないですか?近隣の国ならLCCで数千円で行けるわけですし。

いろいろ考えて、ふとスペインに行ってみたいと思いました。

そうだ、スペインに行こう!

そのあとイギリスに行って、そのあとアメリカに行って、そのあとホノルルに行って、そのあとオーストラリアに行って、そのあとマレーシアに行って、そのあと日本に戻って世界一周してこようっと。

ということでパタヤライフが終わったら、セミリタイア生活の綴り世界一周編に突入します。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 悟りドラゴン より:

    あれま、、、
    疲れが少し出ているようですね。
    胸騒ぎの原因について
    個人的見解です。
    リゾート地では非日常性が求められるのでストレスフリーの環境が用意されています。制約が多い日常から抜け出し、短期でリラックスするのには、その方が効果的だからですね。
    ただしストレスフリーは、悪性ストレスだけでなく、良性ストレスも同時にストップしてしまいます。
    良性ストレスとは、体と心にメリハリを与える情報や環境のことを言います。ある程度の時間的制約も良性ストレスになりえます。
    例えば、仕事という時間的制約があるから、限られた自由な時間にいつも読書やゲームをして過ごす。これが精神にメリハリを与えるのです。
    毎週水曜日には帰宅後にドラマ相棒を見る。こんな些細なことも良性ストレスと言えます。
    ストレスフリーは短期で極めて有効、長引くとそれ事態が悪性ストレスに変化し始める。メリハリがないふやけた思考回路状態に不快感さえ感じるので、個人的には、あまりリゾートは好みません。
    それで、バンコクに滞在するとも言えます。シティであれば、回りに様々な環境がある。直接関わらなくてもすぐそばに社会的な刺激がありますから。
    東京、今朝の気温は9.5度でした。
    スペインバルセロナ、独特な空気を持った街ですが、気候はほぼ東京なみです。他の欧州諸国は更に寒く、これから本格的な冬に向かいます。
    まずは体を休めて、もう一度考えてみても良いのではないでしょうか。

  2. あら、風雲急を告げる感じですね。
    そんな展開が待っていようとは。
    無責任に言いますが、直感に従って行動するのも良さそうです。
    ただまずは風邪を治してゆっくりしてください。

  3. KYUSEKI より:

    個人的意見ですが、デポジットがちゃんとかえって来るように
    早め早めにフォローされた方がいいと思います。結構、もめる可能性高いです。

  4. Mao1 より:

    悟りドラゴン さん
    ストレスフリーが続いたことにより、悪性ストレスになったということですね。おっしゃるとおり、刺激が欲しくなっています。だから遠いスペインが魅力的にうつったのでしょう。
    アドバイスありがとうございます。しかし、すでに航空券は取得しておりますw行ってから後悔するかもしれませんが、私はよくこのような突拍子もない行為をしてしまいます。
    ミャンマーはすごく興味があるので、次回の機会にいきたいと思います!

  5. Mao1 より:

    招き猫の右手 さん
    ありがとうございます。風邪はすでに完治しています^^
    スペインに行ってきます!

  6. Mao1 より:

    KYUSEKI さん
    アドバイスありがとうございます。私もそこが気がかりなんですが、不動産屋に「Depositが返ってこないか心配だ」と伝えると、「電気代、水道代、清掃代を引いた額を返すようにすでにオーナーに伝えてるから心配しなくて大丈夫よ」という返事が来ているので、それを信じています。
    いざとなったら、パタヤで新しく付き合い始めたタイ人の方々に助けを求めます^^