お金で女を買う自称ナンパ系投資家。インソムニアで出会った20歳の女の子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
i mobile

パタヤライフ1日目の記事はこちら。

会社を辞めたあとのパタヤライフ初日の記事です。まずは日本出発から。 日本からタイへ移動 興奮して寝られずに朝4時起床。2年間住んだアパー...

パタヤライフ2日目の午前の記事です。日中はコンドミニアムの契約をしていました

パタヤライフの要(かなめ)、コンドミニアムを借りました。新しい土地で部屋を借りて生活するのは、なぜこんなにワクワクするのでしょうか。ホテルに...

コンドミニアムの契約が無事終わり、ホテルに帰ってゆっくりしているといつの間にか眠っていました。いろいろ疲れていたのでしょう。

起床後、またもや吸い込まれるようにウォーキングストリートに向かいます。ウォーキングストリートの圧倒的引力。

Windmillに行こうと思っていたのですが、Fahrenheitの前を通りかかったときに、顔見知りの女の子から熱心な呼び込みを受けて入店。Fahrenheitの客の入りは5人ぐらいと少ないですが、意外にもカワイイ子が多いです。何で人気がないのでしょうかね。女の子にドリンクを奢りました。270バーツ支払い。

そのあとは、相変わらずのWindmill。60バーツのドラフトビアを頼んでソファ席に着席。なるべくお金を使わずにダラダラ過ごそうと思っていたのですが、女の子がふとももの上に乗ってきて腰をフリフリ動かしながらずっと一緒にいてくれました。うん、これはチップぐらいあげないと。ということでいろいろ含めて合計140バーツ支払い。やっぱりWindmillのコスパ高い。

ところで、Windmillの女の子にLINEのIDを聞かれまして、女の子の腕にボールペンで書くことを試みたのですができずに断念。今思えば、20バーツ札に書いて渡したらスマートだったかなと。でも、お札に書いたら犯罪ですかね。IDを書いた紙を用意しておいて、次に行ったときに渡そうかな。

まぁそれはおいておき、Windmillを退店したあとはインソムニア。ゴーゴーバーにいるときのように浮かれた気持ちはありません。ナンパは修行やで。

まずは素人臭丸出しの3人組を見つけたので声をかけます。むっちゃ怖がれているw逃げられましたwww

そのあとは前回の訪パタヤ時にナンパした既存さんに遭遇。「この子でもいいかな」なんて思っていたら、3000バーツを請求されるではないですか!「いやいやいや、それはない」と言ったら2000バーツに減額。いや、何で金必要やねん。2月の私は無料だった。8ヶ月を経て、私は何かが変わってしまったのだろうか。早く非モテ状態から抜け出さないと!

とりあえず既存さんの横でクラブ内を眺めていたら、1人でいるカワイイ女の子と目が合いました。ビールを持って乾杯の仕草をするとこっちに来てくれて、一緒に踊ることになりました。ポー(仮)とします。20歳。

ポーはいまいちぎこちないので酔わせるためにテキーラを奢りました。2人で340バーツ。そして、テキーラを2人でイッキ。

テキーラ効果バツグンですっかり打ち解けました。テキーラは偉大なり。

私も気分が良くなってフワフワしていると、ステージ上で激しく踊っている男性のインド人に「上がってこいよ」と手招きされます。女の子にも「行ってくれば?」と言われたのでステージに上がりました。男性のインド人と一緒に2分ぐらい踊りました。いや、これ恥ずかしいわ。

そのあとしばらくして、ポーに向かって「一緒に外に出よう」と言うと、頷くポー。きたー!!!

しかし、ホテルに行く途中で3000バーツ請求されました。

「お前もか、ポー!」

今回のパタヤライフでは3000バーツも支払って行為をする気は全然なかったのですが、いかんせんポーはかわいくて肌がきれいだったので欲望に負けました。交渉して2500バーツまで減額。スパンのあとにNスパン(KKさんの言い方を真似ました。)。

とりあえず、今の目標は非モテ状態から抜け出すことです。

続きはこちら。

パタヤライフ2日目の記事はこちら。パタヤライフ3日目の記事です。昼にホテルからコンドミニアムに移動。ホテルというか共同部屋の...
i mobile

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする