パタヤでタイ人女の子の実家に招待される。そこで日本人男性が受けた待遇とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

パタヤ3日目の記事はこちら。4日目はありません。

パタヤライフ2日目の記事はこちら。パタヤライフ3日目の記事です。昼にホテルからコンドミニアムに移動。ホテルというか共同部屋の...

パタヤライフ5日目の記事です。

「日曜日に遊びに連れて行ってあげるわ」

ネットで知り合った女の子に誘われました。経過を説明しますと、タイではLINEと出会い系を合体させたようなアプリ「BeeTalk」というものがありまして、それで日本に留学に来ていたタイ人の女の子と2年ぐらい前に仲良くなったんですよね。

その女の子とは予定が合わずに結局会えなかったのですが、たまに連絡は取り合う仲になっていました。その状態が1年ぐらい続いたとき、その女の子の親戚が私に興味を持ってくれまして、親戚とLINEの連絡先を交換したんですね。

とは言っても、連絡は全然取り合っていなかったのですが、実はその親戚はパタヤに住んでいることがわかりました。ということで、今回のパタヤ滞在にあたり連絡をしてみると、遊びに連れて行ってもらえることになったのです。彼女の名前をピー(仮)とします。

ラン島にでも連れて行ってくれるのかなと勝手に思い、ウォーキング・ストリート前のマクドナルドで待ち合わせ。11時予定だったのですが、前日にピーから9時に変更。

そして当日の朝。私は8時ぐらいに到着して「もう着いたけどタイ語の勉強をしてるから急がなくていいよ」とLINEでメッセージを送っておきました。

ピーは30分遅れて9時半ごろに到着。あぁ、タイ人って本当に遅れてくるんだw

マクドナルド前で初めて顔合わせ。挨拶を簡単にすませた矢先、ピーがスタスタ歩き出します。どこに行くのかと思いながら着いて行くと、車に乗った父親が登場。娘が連れてきた男性の外国人である私を笑顔で迎えてくれました。「どこに遊びに行くのですか?」と尋ねると、家でご飯を食べようとのこと。タイ人の遊び、レベル高ぇ。

秒速で仲良くなった私たち一行は実家に向かいます。と、市場で車を停める父親。お会計は全額私が支払うのかなと少し心配になりました。

しかし、父親は私に「車から降りなくていい」と言って、そのまま買い物に行きました。杞憂でしたね。

買い物が終わって家に向かいます。車の中で、家族との挨拶は手を合わせてするのがタイの文化だよと教えられました。『ワイ』ですね。市場を出発して車で30分、私の知っているパタヤとは全く違う場所に到着しました。私のパタヤに対するイメージは都会なんですよね。ウォーキングストリート周辺しか知らないので。

ところが、ここはど田舎。

f:id:Mao1:20151011233122j:plain

そして、家に到着。

f:id:Mao1:20151011234318j:plain

家の中にあったシャンデリア。

家でかい。正直、どんな掘っ立て小屋に招待されるのだろうと不安になっていたのですが、いい意味で裏切られました。

推定ですが、家だけで300m2 + その他の土地600m2 = 900m2。お手伝いさんもいました。

家族とワイで挨拶が終わったところで、親戚も合流。再びワイ。そのときのツイート。

親戚のうち、1人が僧でした。

僧がご飯を食べ終わったあと、僧に向かって手を合わせて「サートゥー」と言いながらワイをしました。そして、ピーと両親と弟、姉夫妻、おじ、おば、いとこ、いとこの子ども、私でテーブルを囲んでの食事です。タイ語オンリーで会話が進みます。みなさん、笑顔で話しかけてくれます。タイ語の勉強をしておいて本当によかったと思いました。

食事が終わったあと、私は放置プレイされていました。仕方がないので、1人でソファで寝てました。私もなかなか肝が座ってますねw

しばらくしてピーに起こされます。「遊びに行くならパタヤとバンコクのどっちがいい?」と聞かれたので、「パタヤ」と答えてからのブドウ園。SILVER LAKEというところに連れて行ってもらいました。ファランもいたので有名な観光地なんでしょうね。父親の運転する車で母親も一緒になって行きました。

ブドウ園ではジュースをごちそうになりました。

f:id:Mao1:20151012000540j:plain

ブドウ園の中で車に乗って移動するツアーがあるのですが、その代金も支払ってくれました。

f:id:Mao1:20151012000657j:plain

そして、お寺に移動。

f:id:Mao1:20151012000803j:plain

母親は「疲れた」と言って車の中で休んでいたので、ピーと父親と私の3人で寺の中を観覧しました。

そのあとは、夜ご飯。MKというレストランに連れて行ってもらいました。鍋料理です。みんなで鍋をつつき、そしてショッピングに付き合いました。その間、父親が私にタイ語を熱心に教えてくれました。買う、売る、お金、支払う、食べる、あげるといった基本的な言葉ですが。

そして、コンドミニアムまで送ってもらいました。

至れり尽くせりの待遇を受けました。本当に感謝。

また、ピーのルックスはなかなか良いし、学歴は大学院卒でしっかりしているし、性格も良いんですよね。しかしながら、性欲はまったく湧きませでしたw目の前の女の子は抱けるけど、家族の思いまで一緒に抱くことはできないということですかね。

パタヤライフ5日目終了です。なかなかカオスでした。

パタヤライフ6日目の記事はこちらです。

パタヤライフ5日目の記事はこちらです。パタヤライフ6日目の記事です。節約しないとマズいです。過去に3回ほど行ったパタ...
関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする