タイにある化粧品販売の上場企業。タイ株のおすすめ銘柄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

美しさを追求することはメガトレンドであり、化粧品販売の会社はを長期投資対象の1つです。ということで、タイにある化粧品販売の会社の調べました。

Beauty Community(BEAUTY)

会社のホームページ

Beauty Communityが経営しているBeauty Buffetはそこらじゅうで見かけます。過去数年間の売上の伸び率はすごいです。ただし、直近の2018年8月13日に発表された18年2Qでは、前年比で売上は減少しています。

正直なところ、消費者としては会社の強みはよくわかりません。しかし、売上の伸び率や利益率の高さを考慮すると、何らかの堀を持っているのだと思います。

Karmarts(KAMART)

会社のホームページ

そこらじゅうにあります。看板に韓国語で書かれていることからもわかるように、韓国系の化粧品が多く売られています。

KARMARTSの株式を購入しました。
タイ株のKARMARTS(KAMART)を新規購入。化粧品株は値下がり中

S&J(S&J)とOCC(OCC)

S&Jのホームページ
OCCのホームページ

タイの財閥「サハグループ」の企業です。どちらの企業も2014年から売上は減少傾向です。

S&Jは、サハの持ち株会社であるSaha Pathana Inter-Holding(SPI)が保有率16.02%の筆頭株主で、次にアパレル系(同じくサハグループ)のICCが14.61%となっています。

OCCは、ICCが19.73%、SPIが12.73%保有しています。

EVEANDBOY


未上場企業です。タイに住み始めてからはや5ヶ月、一番気になった会社です。とてつもない人気を誇っています。店内には人が溢れかえっており、店外ではEVEANDBOYで買い物中の彼女を待っている彼氏がたくさんいます。

怪しげな紫色で映し出された『EVEANDBOY』を見るとゴーゴーバーを思い出します。

Oriental Princess


タイ発のブランドです。最近、ボディーソープを買いました。

店内には様々なフレーバーのスキンケア商品が置いてあり、外国人はパスポート持参で20%引きになります。海外開拓にも力を入れています。

タイで証券口座を開設するならこちらの記事を参照。
SBIタイオンライン証券でタイ株の口座を開設する方法と取引の仕方

タイでよく見かける飲食店の会社を調べました。
タイにある飲食店の上場企業。タイ株でおすすめの銘柄。『Cafe Amazon』など

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする