チャオプラヤー川のディナークルーズに行ってきた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

チャオプラヤー川のディナークルーズに行ってきました。ディナークルーズ。なんともリッチな響きではありませんか。そんなリッチ体験がお値段ぽっきり1000バーツ。参考にした記事はこちらです。

チャオプラヤー川の「格安」ディナークルーズ。1,000バーツでリッチな気分を味わえるプリンセス号。

旅行代理店を通さずに申し込んだところ、プロモーション価格でお安くなって750バーツでした。

クルーズは1時間半ほどで、久しぶりに食べられると期待していたお寿司はあまりおいしくなく、あと大好きなカルボナーラもおいしくなかったんですけど、タイ料理はとてもおいしかったので、タイ料理がおススメです。

チャオプラヤー川はすごく汚いです。そして、乗船前には「チャオプラヤー川には死体がたくさん投棄されている」なんてことまで聞こえてきて、なんで今そんなことを言うのだろうと思ったものです。しかし、ナイトクルーズだったらその汚さはわかりません。

その汚さを隠しつつあるチャオプラヤー川。

ラマ8世橋。

いつもと違う場所でご飯を食べるというのは、気分転換になってよいですね。

期待しすぎていたせいなのか、事前に「ディナークルーズ」という言葉から連想していた楽しさよりは劣っていた気がしますが、良い思い出になりました。

そういえば、昼間にセントラルワールドで食べたパンケーキがふわふわでとても美味しかったです。ホットケーキのようなお菓子がこんなに高いのかと思いましたが、美味しさにびっくり。パンケーキって他の店もこれぐらいおいしいのかな。

バンコクには旅をしていたときの思い出がたくさんあって、それが新しい体験によってどんどん上書きされていくような気がしてなんだか寂しくなったりもしますが、タイで生きていくうえでは仕方のないことなのでしょう。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする