読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


みんなどんどん会社を辞めよう。最終出勤日から2ヶ月が経過した今の心境

 

前回の記事はこちら。

 

最終出勤日から1ヶ月ごとに自分の心境を振り返ろうと思っていたのですが、気がつけばすでに1週間も過ぎ去っていました。

 

今の心境を綴ります。セミリタイア生活の綴りやで。

 

 

みんな会社をどんどん辞めよう

 

無責任なことを言いますと、会社を辞めたい人はすぐに辞めたほうがいいですよ。毎日好きなことばかりして生きていると、やりたくない仕事で人生を浪費していくなんてもう考えられません。しかも普通の人は40年間ぐらい働く気なんでしょう?そりゃ鬱になりますわ。

 

人は会社を辞めても暇に耐えられなくなり結局何かしら働くらしいです。その無職の期間は2ヶ月〜2年ぐらいとさまざまで、私の場合はどれぐらいになるんだろうと楽しみにしています。2ヶ月では全然働きたくなりませんでした。

 

とりあえず、みんなどんどん会社を辞めたらいいのにって思うんですよね。自由な時間の使い方にはその人らしさが出ますし、いろいろな生活に少し興味があります。世の中の無職⇔有職の流動性がもっと増せば、より多くの人が幸せになると思います。やりたくない仕事にしがみつく必要なんてないでしょう?

 

 

セミリタイアに必要な資金は◯◯円!という記事について

 

「会社を辞めるにはお金が足りない」って言って多くの人が会社を辞めることはしないでしょうし、お金のことばかり考えて「セミリタイアに必要な資金は?」みたいな記事も多くあるのですが、実際に会社を辞めてみるとなんかそのお金のことだけを考えるのはワンテンポ遅れているというか、そこまで重要なことなのだろうかと思えてきます。

 

そして、端から見ていると「それだけ能力とお金があったら十分会社を辞められるのに!」と思ったりするのですが、当の本人は「まだ安心できない!」と言って資産を積み上げていくのは滑稽にすら思えます(ただの嫉妬ですw)。

 

でも、結婚とか子どものことを考えると、2億3億という資金になるのかなー。まぁ、人それぞれですからね。

 

あとお金以外の資産の指標として、ツイッターのフォロワー数が1,000ぐらい超えていたらなんとか生きていけるのではないかと思っています。相互フォローとかではなく、純粋に1,000ですよ。

 

「セミリタイアに必要なTwitterのフォロワー数は◯◯人必要」なんていう記事もあればいいのですけどね。誰か検証したことありますかね?

 

 

私はなぜ海外に行くのか?

 

私だけに限らず、会社を辞めた人は海外旅行が好きです。サラリーマン生活をしていると海外旅行ができませんし、だから辞めて大好きな海外旅行をしているということもあるでしょう。しかし、どうやら日本には無職に対する圧力がかなりあるようです。そして、その圧力から開放される楽しさが海外旅行にはあるのです。

 

私は会社を辞めてから海外放浪しているのでまだ体験していないのですが、日本で暮らしたらけっこうプレッシャー感じるのかなーと想像しています。

 

それと似たようなことで、私は日本人の女性ともう付き合えないかもしれないと思いました。絶対モテへんやん。今までだったら付き合えていた女の子でも、無職の一言で逃げていきそうです。