一生仕事をしない、定年まで勤め続けるといった1か0のデジタル思考で考えない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 101
スポンサーリンク

 

会社を辞めると言うと、「会社を辞めたら生活が苦しくなるよ」とか「いい会社なんだから勤め続けたほうがいいよ」なんて言われることでしょう。

 

ここで、

 

「仕事を辞めたあと、一切働かない」

「定年まで同じ会社で働き続ける」

 

といったように、1か0かといったデジタル思考の考え方でなくてもいいんじゃないでしょうか?

 

私は、「仕事を辞めたあと、一切働かない」に近い考え方で、

大学在学時からセミリタイアを目指してきました。

 

まぁ、「一切働かない」ではなく、「一切就職しない」という考え方です。

 

働くことではなく、時間と場所が拘束されることが嫌なので、

就職しないで働きたいと思っていました。

 

今でも、就職しないで自分のペースで働けるならベストだと思うのですが、

最近、「再就職でもいいかな」なんて思っています。

 

なぜなら、再就職を考慮しないでセミリタイアをしようとする場合、

ハードルが上がり過ぎるからです。

 

 

また、ネットや周りを見渡してみると、

再就職は難しくないという結論にいたりました。

 

もし、私が経営者であれば、

自分のことばかり考えて、プラプラしていた人間なんて採りません。

しかし、現実では採用してもらえるようです。

 

正社員になるのは、難しいかもしれませんが、

私としても、会社に忠誠を誓うつもりはないので、

契約社員で十分です。

 

というか、仕事に飽きて惰性で会社に行って働き続けるよりも、

契約期間で決められた間だけ仕事をするほうが、

やる気が出るような気もします。

 

 

オプションとして、「再就職すること」を考えておきます。

 

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする