再就職をして3週間が過ぎました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

再就職をしてから、3週間ほどが過ぎました。会社には良い人ばかりなので、人間関係でストレスを感じていることはありませんが、すでに変人扱いされており、さらなる居心地の良さを求めるのであれば、変人ばかりいるような会社にいったほうが良かったかもしれないと思っている今日このごろです。あと数ヶ月でタイに行くのであまり関係ないのですが。

せっかくの3連休なので、近況についてブログを書きたいと思います。

周りの人々が会社そのものとなる

偏差値によって大学に優劣がついているのと同じように、売上高や給料などの数値によって会社にも優劣をつけてしまいがちです。特に、まだ働いたことがない大学生のころなんかは顕著にこの傾向が見られ、「企業名」が会社そのものとなってしまいます。

再就職して思うことは、「企業名」ではなく「周りで一緒に働く人々」が、会社そのものになるということです。あとは、住環境や通勤、給料などが入ってきて、ほぼサラリーマン生活が完結します。

もしもやっている仕事そのものが楽しいのであれば、それはそれは幸せなことであり、周りの人々との関係を気にしなくても良いのかもしれませんが、そんなことは稀であり、楽しいサラリーマン生活には人間関係の構築が求められます。

前の職場ではこの視点が抜けており、飲み会などの誘いを断り続けた私がサラリーマン生活を楽しめるわけがなかったと感じています。そして、一緒にご飯を食べると、こんなにも仲良くなりやすいのかと30歳を過ぎた今、驚いています。

お金遣いが荒くなった

お金遣いは荒くなりました。一番変わったことは、食費です。昔はパスタばかり作って食べていましたが、自炊はしていません。CoCo壱番屋なんて人生で1回しか行ったことがなかったのですが(だって、カレーなんて簡単に作れます)、今は主食の1つになっています。

流石に投資にお金を回さないのはありえないと思いまして、先日、金額を決めました。

お金遣いが荒くなった一番の理由は、10年間は働く気概でいるからだと思います。昔は少しでも早く会社を辞めたかったので、過度な節約にも耐えられました。というか、お金を使うことがストレスでしたからね。

ストレスを減らしたい

今の関心事の1つは、日々のストレスをどのようにして減らすかです。物をなるべく少なくして、周りには好きな物だけを置く、意思決定の回数を減らせるように決まりごとを作る(平日用に服を5着揃える、昼ごはんは日替わりランチ、株主優待で買う日常品と頻度の決定など)というシンプルライフになるのですが、加えて自分のやっていることを家電で代替していきたいです。

そういえば、休みの日なんかは睡眠薬を飲まなくても寝られるようになりました。健康のことを考えると、再就職をして良かったです。ただ問題は、やはり出社が面倒だということですね。10年間は会社に勤めながら、出社日数を減らす環境づくりをしたいです。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする