サラリーマンになるにあたって考えていること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

2015年の10月から働いていなかったのですが、2年2ヶ月の無職の時を経て、就職して働くことになりました。サラリーマンになるにあたって、つらつらと。

飲み会には参加する予定

サラリーマン時代には、1年間飲み会に参加しなかったことがあります。本当にサラリーマン不適合者でした。

そんな私なんですけど、再就職するにあたって飲み会にはなるべく参加するつもりでいます。私の経験上、仕事ができる人は飲み会に参加していたからです。

「飲み会に参加するしないは仕事のパフォーマンスに影響しない」なんて考えもありますし、私も昔はそっちよりの人間だったのですが、よほど「個」で勝負をしている人でないと現実的な考えではありません。

会社という組織に入って働く以上、社員同士のコミュニケーションの度合いがパフォーマンスに影響を与えるのは当然です。そして、飲み会に参加することは、そのコミュニケーションの度合いを高めるのに手っ取り早いのです。

ただし、慣習の1つである年賀状には抵抗があります。年賀状ゼロ生活を目指しており、サラリーマンのときには部長から届いた年賀状に返信せず、翌年から送られてこなかったことを喜んでいました。

来年からはタイで働くので、それを免罪符にして年賀状ゼロを目指します。

仕事ができる人

飲み会に参加する理由がパフォーマンスを上げるためと書きました。仕事がある程度できる人を目指します。

というのも、「周りから仕事ができないやつ」と認識されると、サラリーマン人生が不幸なものになるからです。ボトムは精神的にかなりキツいです。会社を辞める予定ならそれでもいいですけど、今のところ辞めるつもりはないので、ある程度のポジションにいくつもりで仕事します。

あと、仕事でミスをしたときにも、「仕事ができる人と思われているかどうか」と「好感度」によって周りから与えられるダメージは異なります。

サラリーマンになるに向けて買ったもの

名刺入れとiPad Pro 12.9を買いました。iPad Proはおすすめです。タイ駐在が始まったら、空気清浄機と掃除ロボット(ルンバみたいなやつ)を買う予定です。

名刺は年賀状と同じで私にとっての天敵でした。名刺入れにお金をかけたくなかったので以前は財布でごまかしていたのですが、心機一転、購入しました。年賀状ににはまだ屈していませんが、名刺には敗北です。

あと、透明なブルーライトカットグラスを買いました。今年の2月に購入したこちらの製品は必須品になっているのですが、色付きなので、透明で50%カットのものを買いました。

バンコクのコンドミニアム

私は言うことがコロコロ変わるので、すぐに変わるかも可能性大ですが、バンコクにコンドミニアムを欲しいと思っています。パタヤもいいとは思うのですが、不動産を買う3条件(1に立地、2に立地、3に立地)を考慮すると、バンコクかなと。

私が住む場所はバンコクではないですし、コンドミニアムを持つことによって、それを有効活用できていないストレスが発生しそうなのでいらないような気がしますが、タイに住み始めたら情報を集めようと思っています。

円高不況が来たら、思い切って買うかもしれません。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする