セミリタイア志望の人は会社で出世できないと思う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 114
スポンサーリンク

私のサラリーマン人生は5年ちょっとです。

 

転職は一回もしないで、新卒で就職した会社にずっと勤めています。

 

今回の記事で気を悪くされましたら、申し訳ございません。

 

 

 

今、私は中国出張中で、同じ会社の人は私を含めて4人です。 

その中の1人は、私が就職してから2年あとぐらいに、

契約社員→正社員採用のルートで入ってきたので、年上ですが後輩にあたる人です。

 

その人が、抜群に仕事ができるんです。

私のほうが先輩なのに、私より遥かに仕事ができます。

 

そして会社内でもかなり優秀と評判です。

 

 

その人がしてきた会社内での行動を見ていると、

要は、学生時代にテストの点数が良かった人と同じなんです。

 

どういうことかというと、

その人は就業時間以外にも、自発的に仕事のことを学んでいます。

 

つまり、学生時代に勉強ができた人が、

学校が終わってから、自宅や塾で勉強していたことと同じなのです。

 

 

ですから、仕事ができるようになるためには、

 

みんなが遊んだり休憩している間に仕事のことを考える

 

ということが必要になるのでしょう。

 

 

セミリタイア志望の人は、「もっと休みたい」と思っている人の集まりであり、

仕事以外の時間で仕事のことを積極的に考えるなんてしないと思うんですよね。

 

ですから、

 

 

セミリタイア志望の人は会社で出世できない

 

 

という結論に至りました。

 

 

「会社を辞めるつもりなんだから、出世できないなんて当たり前だよ」

 

なんて言われそうですが、

このような圧倒的スピードで後輩に追い抜かれて、

少しショックでした。

 

まぁ、一緒に仕事する人は優秀なほうがラクなので、

喜ばしいことなんですが。

 

 

そして、今の会社で私が勤め続けた場合の先が見えてしまいました。

(辞めるつもりですし、勤め続ける気はありません)

 

 

出世もそこそこで終わり、中途半端なサラリーマン人生で終了です。

 

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たんちん より:

    サラリーマン社会では、少し出世が遅い位がいいと思います。先を走ると転がるし競い合うとストレスで出費になります。

  2. Mao1 より:

    クロスパール さん
    なるほど。私の周りにセミリタイア希望者はいないので、自分の例のみで考えてみました。
    私が後輩に簡単に追いぬかれた結果、
    仕事に対する圧倒的な姿勢の違いを感じました。
    会社の仕事は、会社から一歩出ると役に立たないことも多く、「どれだけの労力を仕事に注ぐか?」というのが、なかなか難しいです。
    会社を辞めるつもりなので、全力で取り組めないです。

  3. Mao1 より:

    たんちん さん
    確かに競い合うことはストレスですね。
    セミリタイア希望なので、そのようなストレスを会社内で感じたことはありませんでした。
    勝てる勝負しかしないことは、
    重要な事ですね。

  4. 私も仕事に100%打ち込めません。
    やはり辞める、リタイアするとなると、高い精度まではどうでもよくなってしまいますね。

  5. Mao1 より:

    招き猫の右手 さん
    実際、辞めようと思っていない人でも、
    仕事に100%打ち込んでいるかどうかは怪しいですが、
    仕事を辞める予定ですと、危機感はなくなるように感じます。だから、追い込めませんw