読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


セミリタイア生活の海外暮らしはどこがよいのか?

 

一箇所に定住せずに、世界中を転々としたい

 

ということを以前のAirbnbの記事で書きました。

 

 

転々とするといっても、1箇所につき1ヶ月ぐらい生活することを考えています。このライフスタイルが実現できるかどうかはわかりません。なぜなら現実を見ると、今はノマドで生活コストを補うほど稼げていませんし、だからどこかでまた勤めだすかもしれませんし、それに私は考え方がコロコロ変わるからです。

 

でも、考えるだけでけっこう楽しいです。ということで、生活する拠点の候補を挙げていきます。

 

 

生活拠点1:日本

 

1年のうち2ヶ月間は日本で暮らしたいです。日本人にとって一番美味しい日本食、公共マナーの高さ、意思疎通に不自由しない母国語、海外と比べると天国にいるかのような安全性、サービスのきめ細かさ。

 

「会社員として働くのならば日本ってかなりキツイのではないだろうか?」と思い始めています。こんなに小さな国でかつてGDPが世界2位だったなんて日本人はどれだけ優秀で勤勉なんだろうと。誇らしいことでもありますね。

 

まぁ、サービスの受給者としては日本は最高なのです。私は家を持っていないので日本のどこに住むのかはわかりません。

 

 

生活拠点2:パタヤ(タイ)

 

2ヶ月間はパタヤで暮らしたいです。今はパタヤに住んでいるのですが、やはり多くの方がリタイア後の生活拠点の候補として挙げるだけあって、パタヤ(タイ)は住み心地がかなり良いです。

 

パタヤってエロいビーチのイメージがあると思いますし、私も今回住むまではそうだったのですが、ウォーキングストリート周辺が異常なだけなんですよね。

 

また別記事に書こうと思っているのですが、夜遊びの立地だけでウォーキングストリートやソイブッカオ辺りにコンドミニアムを借りて生活をすると、頭がおかしくなると思います。2週間ぐらいが限度かなと(あくまで個人の意見です)。

 

 

夜中を過ぎてもじゃんじゃかうるさいので間違いなく睡眠の質は低下します。そして、外に出れば男の天国と言われている異常なエロス。リタイアして覇気がなくなったファランが多いためか、異常なフワフワ感も漂っています。

 

 

ですから、1ヶ月ぐらい住むのであればウォーキングストリートから離れたところが良いですね。同じパタヤとは思えないぐらいゆっくり生活できます。せっかく片道10バーツで乗り放題のソンテウがそこら中に走っているのですから。ナクルアとかいいと思うんですけどね。

 

お金があってバイクタクシーをストレスなく使える方や、レンタルバイクを利用される方はどこでもいいと思います。ジョムティエンビーチとか良さげですね。

 

 

ちょっと話がそれてしまいました。

 

とりあえず、パタヤはとても住み心地が良いです。ネットのスピードは十分ですし、治安の悪さはまったく感じませんし(野犬に襲われるぐらいです)、日本食を含めた世界の料理がそろっていますし、日本人差別はないですし(むしろ好感度良い)、プールジム付きのコンドミニアムに月額4〜5万円ぐらいで住めますし、筋トレ後に1時間200バーツで受けるタイマッサージは最高です。

 

 

生活拠点3(!?):ゲーム世界

 

期間は1ヶ月。ゲーム世界とは何かというと、ゲームばかりしてゲームに没頭することです。やりたいゲームがちらほらあるんですよね。毎年新作も出ていますし。

 

(ゲームの情報は全然入れていない)私が今期待しているゲームは、

 

メタルマックス5。

ファイナルファンタジー7のリメイク。

 

ですね。

 

あと、『極限脱出 9時間9人9の扉 』『極限脱出ADV 善人シボウデス 』の続編って出ないんですか?ずっと待っているんですけど。

 

ちなみに、私はチュンソフ党です。

 

 

他は未定

 

日本2ヶ月。パタヤ2ヶ月。ゲーム世界1ヶ月。

 

これで5ヶ月です。

 

今は、他に候補地を挙げることができません。外国で長期滞在の経験がある国は、あと中国だけです。中国はもちろん除外です。台湾ならいいかもしれないですね。2回行ったことありますけど、鼎泰豊の小籠包が美味しかったことを覚えています。

 

 

とりあえず、新しい国に旅行して感触が良ければ短期滞在をして候補を絞っていきたいと思います。

 

 

今のところ、スペイン、オーストラリア、ベトナム、インドネシアなどを考えています。