仕事を辞めたい。辞めたら後悔する日はくるのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 112
スポンサーリンク

仕事を辞めたら、後悔するのでしょうか?

 

特に、結婚のことを考えると、正直わからないです。

 

サラリーマンを辞めて、プラプラすることは、

結婚をしたくてもできない可能性が上がります。

 

 

結婚をして自由を制限されるなんて嫌です。

やりたいこと・好きなことを自由にしたいです。

 

 

また、結婚をして後悔している人もたくさんいるでしょうし、

結婚が良い悪いは、一概には言えないですが、

 

それでも、生きる目的を得られるという点で、

妻や子供を持つことは良い方法だと思います。

 

 

目標や目的がないと、人生つまらなくなります。

 

仕事をしていたら、日々の業務に思考を奪われて、

考えごとをする機会は減ります。

 

しかし、リタイアすると、どうしても時間が増えるので、

考えごとをする機会が増えます。

 

そのとき、目的や目標を持っていないと、

虚無感に襲われるでしょうし、

そのぽっかり空いた隙間を埋めないと、鬱になる可能性もあります。

 

そして、その隙間を手軽に埋められるのが、結婚だと思います。

 

自分はなぜ生きているのだろうかという問いに対して、

「妻や子どもが楽しそうだからまぁいいか」

と納得できる答えを出せます。

 

結婚していないと、自分で目標を見つけて、

その隙間を埋めることが必要となりますし、その隙間が埋められずに、

ネットゲームやギャンブル、新興宗教に依存するリタイア組は多いんでしょう。

 

まぁ、人はいつ死ぬかわからないので、

結婚しても解決する問題ではないのですが。

 

 

そう考えると、セミリタイアするために試行錯誤している日々が、

実は楽しかったりするんですかね。

 

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さこ より:

    子供の立場からすると、かなわんなぁ。
    自分の存在は、親父の人生の隙間を埋めるためかい?

  2. Mao1 より:

    さこ さん
    私が言っている隙間は、人生の目的や目標です。
    目的や目標が、妻や子どもを楽しませるということに、憧れている自分がいますね。
    まぁ、今の私は、自分の自由を優先させたいので、結婚なんてできませんが。

  3. さこ より:

    でしょうね。
    これは三行目に対するコメントです。
    二行目を実践した父親に振り回された身としては、これは是非ご検討頂きたい願いです。
    言葉が荒いのはご容赦下さい。
    久々に神経が粟立つ思いがしましたので。